2017.08.11

脇岬の祇園祭

8月5~6日にかけて、野母地区の脇岬町の夏祭り「祇園祭」が行われました。
せっかく土日が休みなので、6日にちょっと見に行きましたよ。
この祭りは江戸時代あたりに、疫病を祓うために行われ始めたものらしいです。
八坂神社でしたっけね?
台風のお陰で曇り空で、風も吹いてて過ごしやすかった。
見物してた奥さんも「昨日より見物人が多い」と言っていましたね。

ぎおん1

ぎおん4
「こども神輿」
先頭の人が持ってる棒(何て名前?)は地面に付けてはいけないらしく、足に乗せて休んでました。

ぎおん2
その後ろに大人の御神輿。
鈴が沢山下がっててジャラジャラいってるのが特徴かな?
担ぐ人が減ったので、車に乗せるようになったみたいです。
この下をくぐると1年、無病息災で過ごせるという事で・・。

ぎおん3
お賽銭を投げて、楽しそうにくぐってる見物人の皆さん。

ばんば
祭りののぼせもん「ばんば振り」
見物人のお婆ちゃんたちとの掛け合いが楽しい。
てか、おばあちゃんが一緒に踊ってました(笑)。

この日は最終日なので、喧嘩祭りの異名の元の「受け取り渡し」などもあったんですが(狭い十字路で押し合いへし合いして殴り合う)やっぱり暑くて、途中で帰ってしまいました。
祇園祭の華、「下馬」も見たかったけど、もう通り過ぎた後だったかなあ、見かけませんでした。

あ、通り太鼓の写真を撮るの忘れた!
動画は撮ったんですがねえ。

その後、近くの坂を登ってクマネ地区を見に行きました。
もうほとんど人が住んでなくて、廃墟と化してましたよ。

廃屋
風呂場の跡のタイル壁。

廃屋2
植物に侵略されてる道。

廃屋3
玄関前の階段。

凄く草深い。

テーマ : お出かけ日記 - ジャンル : 日記

2017.07.29

夏の旅行番外

オヤツ
ホテルで丸ぼうろを貰いました。20周年記念だったらしい。
後ろは、ポーセリンパークで買った3つ1000円のかりんとうの残りの、紫芋チップス。
おやつに食べました。

お土産
仏壇にあげるんで買ったお土産。
パイ饅頭「トンバイ塀」、お土産らしいお土産がない中、有田っぽい名前のお菓子だったので。
今回、本当に食べ物には苦労したという印象でした。

工事現場1
JR武雄温泉駅の工事現場で見た・・何て名前なのかな?簡単な柵を作る時にポールを支えるのに使う道具?
九州新幹線バージョンなのかな~?カラフルです。

工事現場2
違うデザインのもの。
女の子がポールを持ってるみたいな形ですね、これはJR長崎駅内。


有田駅1
有田駅のホームに飾ってあった焼物の絵。

有田駅2
サインが入ってる所を見ると、高名な職人さんの作のようです。
有田駅3

有田駅4
これは、有田駅に無料のお土産として置いてあった「ハマ」というもの。
焼き物を焼くときに、器の下に敷く使い捨て道具だそうです。
はまぜんと同じ物ですね!
表面には「吾唯足知」と文字が入ってて、「欲張らず今の自分を大切に」という意味らしい。
お土産として作ってるんだろうな、無料だけど。
(使い捨てなら文字を入れる必要は無いだろうと思うのよね)
コースターとして使えないかと貰って来たけど、粉が吹いてるのでどうだろう?

レンゲ
これは有田を歩いてる時に何となく入った骨董屋で「どれでも100円」のカゴから掘り出したレンゲ。
柄は茄子ですよね。
飼い猫ちゃんが居たので、撫でさせてもらいました。
可愛かったなあ。夏毛でオスなんで少し硬かったけど。

2日間、猛暑に悩まされたり、ご飯が食べられなかったりしましたが、トラブルも過ぎてしまえば結構楽しい思い出。
相変わらず無計画に行き当たりばったりの旅をしては、困った事になる・・というのを切り返しそうです。
これだから人を誘えないのよ~。
流石に連れがいれば、もう少しは慎重になると思う。
ていうか、きっと連れが計画してくれるな・・。

今度は涼しくなった頃に、どこかに行こうと思います。
まだ、未定ですが。

テーマ : 九州の旅 - ジャンル : 旅行

2017.07.28

2日目、武雄温泉。

目が覚めたのは4時半くらいでしたっけねえ。
朝食は6時半からなので、それまでゴロゴロしてて、時間になったので降りて行きました。
朝食メニューは普通の味噌汁やコンソメスープ、パンやご飯、サラダやウィンナー、スクランブルエッグなんかの定番に加えて、カレーや冷麺、梅肉入りのサラダなどがありました。
味噌汁は薄かったけど、カレーは美味しかったです。冷麺も美味しかった。
無料なのでまあ、この前のホテルよりはちょっと良いかな?という感じでした。

さて、今日はどうしようかと考えながら、ロビーに情報収集に。
せっかくなので武雄温泉に行ってみるか・・とフロントに聞いてみたら、歩いて行ける距離だと言う。
あんまり歩きたくない・・それに夕べ、バス停に居たら武雄温泉行きのバスを見かけてたので、バスがあるんじゃないかな~と思ったんですが、あんまり本数は無いよというので・・。
もう少し考えてみようと思って部屋でゴロゴロしていたら、いつの間にか結構な雨が降りだしていました。
この雨なら、歩いても大丈夫かも!と(暑さが何より大敵なんで)、チェックアウトしようとしたら、武雄を観光するならお荷物を預かりますよ!と言ってくれたので、預ける事にしました。
もうチェックアウトするのに、温泉セットも貸してくれるみたいでした。
まあ、私はマイタオルを持って来てたので大丈夫でしたが、なんて親切なホテルなんでしょう!
入浴券もフロントで安く買えたので300円で購入して、雨が上がったので出発。

歩いて10分ちょっとくらいかな?炎天下じゃ堪らなかったですが、雨上がりで曇りなので少しは楽。
武雄温泉1
竜宮城みたいな楼門の「武雄温泉」に到着。

武雄温泉2
奥にあるのは、多分高い料金のお風呂。

何種類かお風呂があるみたいですが、私は手前の一番古くて一般的な「元湯」に。
平日の朝なので女性客は3~4人、多分地元のおばちゃん達ですね。
中は木造で天井が高くて(湯気を逃がす為に抜けがある)別府の温泉みたいに階段を下りていくんですね。
「ぬる湯」と「あつ湯」があったので、もちろんぬる湯に入りました。
リンスインシャンプーとソープなどは有り。
透明で、少しぬるぬるする感じのお湯で、凄く気持ち良かった!
この旅で、初めて良かったなあと思った瞬間でした。
はあ~、来て良かったなあ。
少し休憩所で涼んで、温泉を出ました。

途中で、ガイドブックで見てた「ホワイト餃子」のお店があったので、寄ることにしました。暑いし。

餃子会館1
「餃子会館」線路の近くなので、電車から見えてた。

餃子会館2
レトロっていうか、良い感じに汚い(笑)。

餃子
「焼き餃子」8個、450円。
餃子というより大きさ的には小籠包。でっかいです。
ラーメンに付ける感じで注文した方が良いのか?と迷ったけど単品で。
出て来たのを見て、単品で正解だったなと思いました。
具材が多いらしい、グリンピースとかチーズ?珍しいよね。
アツアツでした。

ホテルで荷物を受け取って、再び有田に。
1度入ってみたかった「本陣」というお食事処に行ってみました。
(ちょっと高級なお店です)
歩いたら遠かった・・暑くて死ぬかと!
よろよろしながら何とか到着。
これで休みだったりしたら最悪だよなあ・・と思いましたが、営業していました。
ただ、もう2時半なのでお客は1組居ただけ。
ごどうふでも食べようかと思って、でもう~ん単品で540円・・御膳で食べた方がお得だよねえ。

本陣
「本陣」の店内。涼しげな窓辺。

なるべく長く涼みたい~。
ホワイト餃子で昼飯は済ませてるけど、早い晩飯にしちゃおう!
今回、あんまり御馳走は食べれてないし~。

ごどうふ御膳1
というわけで、選んだのは「ごどうふ御膳」1580円。
さすが有田のお店、器がステキです!豪華です!
御膳2
開けた感じ。
ごどうふの揚げ出し、酢味噌、ゴマダレ、黒蜜きなこ、とごどうふ尽くし。
他に野菜てんぷら、夏野菜の含め煮、ナスの田楽、味噌汁、茶わん蒸し、小鉢など11品くらい?
手間暇かけた上品で美味しい料理の数々・・さすがだ!
ゆっくり食べて、食後のコーヒー。
コーヒー
かわいらしいカップ。

食後、コミュニティバスもいつ来るやら・・の場所だったし、とんでもなく暑かったんで、お店の人にタクシーを呼んでもらいました。番号が分からなかったので。もう、歩きたくなかったのです★

結構、歩いてきたよね・・とタクシーの中で思いました。
700円くらい払ったけど、タクシーって楽

4時くらいの電車に乗って、割と明るいうちに長崎に帰りました。
う~ん、暑かったぁ~。
やはり夏の旅行はやめておこう(苦笑)。

番外をもう1つUPします。

テーマ : 九州の旅 - ジャンル : 旅行

2017.07.24

”計算違い”で有田。

7月23日から24日まで、ちょっと旅に行って来ました。
とはいっても、お隣の佐賀県だけど。

長崎本線の「かもめ号」に乗って、肥前山口で佐世保線に乗り換えて、有田まで。
かもめの先頭車両に乗ったら、運転席の壁が・・透明になったりすりガラス風になったりするので驚愕。
初めて知りました~。

かもめ2
運転中は透明。

かもめ1
乗降中はすりガラスに・・。
こういう風に変化するガラスがあるというのは知ってましたが、見たのは初めて!

さて、最初の計算違いは・・。
予定では有田に着いた後、重い荷物をロッカーに預けて、身軽になって観光・・と思っていたのです。しかし、到着時すでに乗らなきゃいけない(1日3本しかないので絶対)バスの発車まで2~3分。
そして、バスがもう駅前に停まってるじゃないですか!
という訳で、荷物を持ったまま乗車★

行き先は「有田ポーセリンパーク」。
オープン当時、1回だけ行った事があって、覚えてたのは宮殿?と大きな花瓶があった事くらいだったんですが、今回久しぶりに(20年以上ぶり)行ってみて分かったのは、本当に記憶にある事が全てだったという事・・。
他に何もないのね!びっくりだよ!
入場は無料なんですが、有料なのは展示物がある所だけで、昔より半分しかないらしいのに(半分は何処にやったんだ?)500円も取られました。せっかくなので入ってみたけど、私しか居なかったし・・。
九州のやきものの歴史や、同じテーマで作られた内外の焼き物の比較とかそれなりに興味深かったんだけど、値段に値する内容かというと疑問があります。この後に行った陶磁文化館が、ここの10倍くらいの展示数で無料だったのを考えれば・・・。

ポーセリンパーク1
ポーセリンパークの宮殿。
「黒執事」の映画でロケに使われたらしい。

ポーセリンパーク2
洋館風だけど、中身は売店などが入ってる。

行く途中、車とかに全く擦れ違わなかったので不安に思っていましたが、石畳にぺんぺん草が生えてるような状態で何だか閑散としている・・と思ったら、ここでまた計算違い!場内の店がほとんど外国人相手の免税店になっていて、入口しか見なかったけど、2階では電化製品とか売ってたらしい。炊飯器を持った人を沢山見ました。
もう1つあったドラッグストアは、同じ商品がズラーッと並ぶ異様な光景が日本じゃないみたい。

気が付くと爆買いツアーが3つ4つ来てるらしく、回りが中国人だらけになってて、ついでに法事がいくつか入ってるとかで(これはもちろん日本人。いつの間に法事をする場所になったんだろう?)入口に結構な数の「歓迎」のプレートがあったし、そういうので維持してるんだなと納得・・してる場合じゃないのでした!

レストランは全部満員!ていうかツアーの人たちでさえ食事が出来ないらしい。
土産店のパンが売れていました。ベンチでそれを分け合って食べてた。
もちろん私も食事にはありつけず、入口で売っていたかりんとうで、飢えを満たす羽目に★
困った事に、駅に戻るバスが来るのは2時間半後!
暑いしお腹減るし・・という状態でひたすら待つことになったのでした。
この日のお昼はかりんとうというか、芋けんぴだったなあ・・・。
あと、試食を食べまくりました(笑)。

やっとバスが来たので乗車して、行きに見ていたので「佐賀県立九州陶磁文化館」近くのバス停で下車。
歩道橋から階段を上がって文化館に行きました。

文化館1
ここもまあ、ぺんぺん草生えてたけども・・。

文化館2
展示物は豊富で、コレクションも見応えあって、無料なのに凄かった。
ロビーでは佐賀を舞台にしたアニメが上映されてて、休憩がてら観てました。
ポーセリンパークで見たのと同じ器をここでも見ましたね。


有田焼トイレ1
トイレが凄かったですね!
3つくらいこういうトイレがありました。

有田焼トイレ2
桜柄もきれい。ペーパーホルダーも、汚物入れも焼き物でした。

この日にここに来たのは、月曜日が休館だと知った為。
明日がノープランになってしまいましたが、仕方ない。
乗り物に乗る程ではないので、駅方面に歩きました。
暑いので屋内で見物しようと思ったものの、そこに行くまでは野外を歩く羽目になってしまうって・・気が付けよ私!
ろくな物食べてないので駅前の喫茶店で夕食・・有田ってびっくりするほど飲食店が無いのね~。
陶器市の時は元々使わないので、気が付きませんでしたよ・・。
せめてもの慰めは、出て来たピラフが冷凍食品をチンした物じゃなく、手作りだった事。

ピラフ
お皿がステキ・・エビと卵がたっぷりで美味しかったです。

武雄に行って気が付いたけど武雄温泉界隈の方が飲食店が多かった・・そっちで食べれば良かったなあ。
さて、「武雄のあかり展」を見に行きたいと思っていたんですが、無料シャトルバスが運行してるらしいけど駅前のバス停になかなかバスが来ず(予定表通りなら一回りの最後辺りになるから・・)蚊には喰われるし、汗が気持ち悪いし・・で、とうとう挫けてホテルに戻ってしまいました。
さっさと風呂に入って、疲れて寝てしまった・・。
部屋は1人にしては広めというか、ダブルの部屋でした。空気清浄機付き。
部屋はまあ、快適でした。

こうして計算違いで裏目に出た事が多かった1日目が終了したのでした。

(つづく)

テーマ : 九州の旅 - ジャンル : 旅行

2017.06.02

「あいぱく」と「ジブリの大博覧会」

5月27日、晴天。
駅前で行われていたアイスクリーム万博(あいぱく)に行って来ました。

あいぱく

それなりにお客さんがいます。
やはり今回も行列していたのは「桔梗信玄ソフト」。
私も今回は並んでみました。

アイス

ベーシックなのを食べようかと思ったんですが、「濃い抹茶」のがあったので、それにしてしまいました。
ちょっと高くて、540円。
信玄餅とソフトクリームに黒蜜がかけてあります。
まあ、思った通りの味。
もう1つ行列していたのは、よねたや「幸せのカタラーナ」(クリームブリュレみたいな感じのアイス)でしたが、アイスなんてそう何個も食べられないのでそれはパスしました。
信玄アイス食ったから、もういいや~と、歴史文化博物館で行われていた「ジブリ博」に移動する事に。


歴文へは、駅前から県営バスが出ています。
実は行ったのは初めて。

ホールに動く飛行船があって、皆写真を撮っていました。

飛行船

飛行船2

飛行船3

プロペラくるくる、櫂みたいのがパタパタして上下してますカッコイイ!

展示はジブリの歴史とか、制作時の手書きのメモとか、裏事情が分かったりしてそれなりに興味深かった。
まあ、鑑賞する物はあんまり無くて、そういえば美術展では無かったなと思いました。
会場で写真撮影OKなのは、猫バスのコーナーと飛行船のあるロビーだけ。

猫バス
猫バス、乗れます。走らないけどね!

内部
内部はフワフワしてました。座席が柔らかい。

トトロ
壁にはトトロの影。

私の後ろの3世代の家族連れ、一番はしゃいでいたのはおばあちゃんで(70~80代くらい?)、ジブリは世代を超えて人気があるんだねえと感心。
「かわいいねえ!」とはしゃぐお婆ちゃん、あなたがカワイイですよ
これを見た後は、駅にまた戻りました。

お侍さん
飛行船を眺めるお奉行様(笑)。
歴文では、お芝居が上演されているらしいのです。

バスが1時間に1本しかないので(中に乗り付けてくるやつ)しばらく待ちましたね。

テーマ : お出かけ日記 - ジャンル : 日記

2017.05.21

「夏の北海道物産展」「食の遊宴地」

浜屋の「北海道物産展」にまだ行っていなかったのと、夢彩都隣のおくんち広場で「食の~」も開催されていたので、とりあえず行ってみました。

浜の町アーケードはいつもより人が少ないような気がしたけど、観光通りでは何かイベントが行われてて、そこは人が集まっていたらしい。
それに今日は、小学校の運動会だったみたいです。

北海道物産展は相変わらずの盛況ぶりでした。
北海道

何時もは「めめおやき」の6個セットを買うくらいなんですが、今回は違うのを買おうという訳でキングベーグという所の「マフィン5個セット」を購入。
(あんまり変わらないか・・)
マフィン

それを持って、夢彩都まで・・歩きましたね。

ところが今日の長崎は、御多分に漏れず夏日。
暑い~疲れた~となって、目的の所は行列してるし・・席は空いてないし(席を取っててくれる連れは無いし)、ぐったりして食の遊宴地はパスしてしまいました。
チャイデリカ食べたかった・・まあ、店の方に行けばいいか。

そうえば駅前で「あいぱく」(アイス博覧会)もやってるんでした。
忘れてたよ・・暑かったんだから、そっちに行けば良かった★

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 日記

2017.05.15

バスツアーに行きました(2)

1時少し前にシーホークに到着。
1時間かそこらの食事時間です。
広くて天井の高い温室のようなレストランで食事でした。
人数別に席が用意されていて、1人と2人と3人と別れて座るようになっていました。
1人の人が結構多かったのでビックリ。10人くらいは単独参加の人が。
2人席に1人で座るようになってまして、ゆっくり食事が出来ました。
写真を撮らなかったけど・・ホテルっぽいメニューでしたね!
すごく美味しいという物は無かった気がするけど、スイーツは結構良かった。
ケーキは美味しかったです。
後、テーブルに1つずつ、コーヒーポットが運ばれて来たのは豪華な感じでした。

お腹いっぱいになって、少し中を歩いただけでもう集合時間になったので、バスに戻りました。

この後は、「城戸南蔵院」へ。
篠栗町にあるそうで、母が良く行ってた「ささぐりさん」と同じところなのかな?と思ったんですが、そうでもなかったようです。
山の中に寺だか神社だか、お地蔵さんとかいろいろ配置されてて、まるで宗教のテーマパークの色合い。
新緑が綺麗で、空気も新鮮な感じがしました。
流石に大宰府ほどお客さんは居なかったけど、それなりに人が居ましたね。

寺1
木陰の道が涼しげ。

寺2
滝があって、小さな祠がありました。
こういうのがあちこちにあるんです。
すごくカエルが鳴いてたけど、本物?スピーカーで流してるの?と思うくらい大音量でしたが。
他の池では、カエルの声はしませんでしたからねえ。

寺3
不動明王ですか。隣に沢山の石像がありました。
お地蔵さんよりリアルな感じのです。
寺4
こんな感じ。
みんなすごく俗っぽい表情しています。

寺7
”この先は聖域なので飲食喫煙は禁止”だそうです。
上までは行きませんでした、時間が足らなかった。

寺6
苔むした、可愛らしいお地蔵さんたち。
足元にそれぞれ干支の動物が居ます。
牛を撫でて来ました。

寺5
ここで有名なのが、この巨大涅槃図。
一応見てきました。
仏舎利があるらしいけど、きっと砂粒くらいなんだろうなあ。

寺10
山から下りて来ると、昔っぽい商店(お土産屋)が何軒かあります。
ちょっとひなびた感じ、それなりに好き。
大宰府とはかなり違うけどね。

寺9
駐車場近くの古ぼけた小さな店で買ったハンドメイドのクッキー、5枚入り400円。
お土産に買いました。

寺8
そんなお土産物屋の店先に居た柴犬ちゃん。
可愛い写真を撮らせてくれてありがとう!
小柄でちょっと黒が混じった変わった毛色でした。
これは私がバッグから出したお菓子を見ている所。

凄い可愛かった~。

篠栗は本当に霊場とか沢山ある土地なんですね。
宗教にあんまり興味が無い私でしたが、なかなか面白い旅でした。


今日、また他のスーパーの旅行キャンペーンに申し込んだので、また行くかも。

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 日記

2017.05.14

日帰りバスツアーに行きました(1)

土曜日、某スーパーのキャンペーンで申し込んでいた、日帰りバスツアーに行って参りました。
行き先は・・一応福岡とか、そこらへん(笑)。
かまぼこ屋→太宰府天満宮→ヒルトン福岡でバイキング(昼食)→城戸南蔵院→めんたいこ屋
という行程だったと思う。
いや、あんまり覚えてませんで、パンフも捨ててしまったらしいし。
近場の駅を撮影してなかったら、どこに行ったのか分からないところでした(笑)。

始発バスに乗って駅前に着いたのが7時くらい。
出発が30分なので十分間に合いました。
席はまあ、満席みたいでした。
前日が酷い雨でどうなるかと思いましたが、朝には雨も止んで、昼には天気が回復。
いい旅行日和となりましたね。

実は、目的のほとんどはヒルトンの昼食で、神社や寺にはあんまり興味は無かったのです。
コースに入ってるから見るか~くらいで。
旅行費用は5480円くらいだったかな?

まずは蒲鉾メーカーの直売店に連れていかれました。
カオハメ
良くコンビニで買う「お魚メンチ」のメーカーさんで、偶然当日の朝にも食べていました。
別に買う気は無かったんですが、店に入ると試食が沢山並べてあって、どれも美味しくて!

さかなドーナツ
珍しい「おさかなドーナツ」(100円)と、揚げかまぼこの唐揚げ風を1パック(200円)を買ってしまいました。
ドーナツはすり身感はあんまりなく、普通にしっとりして弾力がある美味しいドーナツでした。
唐揚げ風も美味しかった。
何故か、ここのおススメ商品がプリンでしたが・・・買わなかった(笑)。

次に行ったのは「太宰府天満宮」でした。
凄く人が多かったですね!さすが名所です。
人が多い
門前町というか、天満宮に行く道は土産物屋などがズラリ。
賑わっていました。

大宰府
立派な門です。

猿回し
庭の一角では、猿回しが。

天満宮
本殿の前に来たら、お参りの為に行列が出来ていました。
実はあんまり時間が無かったので、遠くから会釈だけみたいな感じで、元来た道を戻る事に。

門
門を下から見ました。綺麗な彫刻が。

誰?
門の中にあった彫像?誰かな?

突き抜けてる
大木が、屋根を突き抜けていました。
木を切るより、屋根に穴を開ける方を選んだのね。

帰りは土産物店を見ながらバスまで帰りました。

スタバ
デザインが変わってるスタバ!カッコイイ!

おかき処
行きの時、気になっていた手焼きせんべいのお店。
「おかき処 寺子屋本舗」という名前らしい。

おせんべい
煎餅
大きくて分厚い四角いお煎餅がバラ売りされていましたので、4枚買いました。
「昔しょうゆ」と「わさび海苔」「しそ」「柚子ザラメ」だいたい各150円くらいでしたね。
まだ暖かくて、美味しかったです!

バスの停車場から本殿まで結構距離があったので、行って帰って来ただけで時間が来てしまいましたね。
この後は、昼食の為にヒルトンホテルというか、シーホークホテルに行きます。

後半はその(2)に続く!




2017.05.06

「DEJIIMA博」行きました。

4日から始まりました「デジマ博」に行きましたよ!
初日、4日はこれまた晴天!暑い!

デジマ博
私が着いたのは10時半くらいでしたが、もう結構な人出で、あちこちに行列が出来ていました。
並ばないで買える所は少なかったんじゃないかな?

ステージ
すでにステージでは、お笑い芸人がトークを繰り広げていました。
お笑いライブもあったみたいですが、私はあんまり興味が無いので・・。

正宗
食い気に走る。
「正宗焼き小籠包」が食べたかったので、列に並びました。
結構並んでいましたが、そんなに待たなかったですね。

ショウポンロー
4個入りと、3種類6個入りがあったので、4個は前回食べたので今回は6個入りを(900円)。
定番と野菜とフカヒレ味だったらしい。もちろんウマし!
皮がパリパリで中からスープがジュワ~と出て、美味しい。

この日は前回食べて、美味しかったのをリピートしただけでした。

俺コロ
俺んちのコロッケ・・小さいコロッケが6個入りで400円くらいだったかな?
いつの間に「たこやきコロッケ」になっていたのだろう・・前回もそうだっけ?

かわち屋
そしていつものように、俺んちの宣伝をしているチンドンかわち屋さん。

鶏デリ
そしてこれもリピートしました「鶏&デリ」の口福からあげ。

買い食い
左のからあげは「ゆずこしょう味」540円。にんにく味の方が良かったかな~。
たこやきコロッケは外がサクサク、中がねっとり柔らかいのです。

歩いてる途中で、中継中のローカルテレビのキャスターやら、レポーターやらとすれ違いました。
シモさんや寿さんなんかにも(まあ、この二人は時々見かける)。

ふりかけさん
おや、あれは振分親方こと、ロボコップではないですか!?
元・高見盛ですね、私ファンだったんだよね~。
近くで見られてうれしかったです。
隣に居たお母さんが「ふりかけさん!」と呼んでたのが可笑しかった。
近いけどちょっと違う(笑)。

この後は疲れて、夢彩都の方に戻って・・おくんち広場でやっていたフリマを見ていました。
フリマというか、セミプロな人の出店が多かったようです。
手作りアクセや雑貨など・・私はアウトレット衣料を売っていた所で(うん、もう商売人だよね普通に)350円のシャツブラウスを買いました。
その後は、4時前には帰りましたね。

6日は音楽イベントがあるので、それはちょっと見たい(遠くで聴いてるだけかもしれんけど)ので、また行こうと思います。
5日は家でシーツを洗濯したりしてたけど、夕方に雨に降られて濡れてしまった!
室内で干し直してます・・夜になってから降ると思って油断してた★

弟に「ジブリ展」のチケット貰いました。
GWは、もう日にちが無いので無理だけど、そのうちに行きます。
行こうか、どうしようかと思ってたのでラッキー!

テーマ : お出かけ日記 - ジャンル : 日記

2017.05.05

陶器市めぐりの旅まとめ。

上有田駅
上有田駅(木造でレトロな感じの駅舎)

有田駅
有田駅(珍しい形の駅舎)

1日から2日にかけて、有田と波佐見の陶器市に行って参りました。
波佐見にしか宿泊が取れなかったので、ついでだし・・と波佐見も見に行こうと思ったからなんですが。
三河内でも「はまぜん祭り」というこれまた三河内焼の祭りが行われたそうなんで、有田の近くだったし行っても良かったかも。
ノボリは三河内駅を通過時に見かけてましたが、知らなかったんだもん。
「はまぜんって何?」と思ってましたが、窯の中で焼くときに器がくっついたりしないように置く筒形の台で、1回で捨てられるそうです。
その供養を目的にした祭りらしい。もちろん各窯元の直売もあります。

路地
有田の路地

花
あちこちで満開だったバラ

花2
波佐見で飾ってた中にも使われてましたね!


さて、宿泊した「ホテルAZ波佐見」ですが、ICと近いらしいので車では便利かもしれませんが、公共交通機関は全然無いみたいです。
一番近いバス停は、徒歩10分くらいはかかりそう。
旅行中に荷物を下げて歩くには、ちと、しんどそうな距離。
結局、タクシーを使いました。
有田駅からホテルまで1600円、ホテルから波佐見の「やきもの公園」までは680円くらいだったかな?
この旅でいっぺんに使った金額で1番高かったのはタクシー代でした★
波佐見のタクシードライバーが女性の方だった。

朝食は、無料ならこんな物だよね~という程度ですが、近くに店とか無いので助かります。
フロントの所にちょっとした物が売ってる100円コーナーがあって、おつまみや洗濯洗剤や干す為のロープ、下着や靴下なんか売られていました。
全体にビジネス目的の男性仕様。
私としては入浴剤を置いて欲しかったな!

有田8
可愛い手作りの箸置き?



カレンダー上は平日だったので、それほど混み合わず、余裕があったと思います。
そういえば昨年もそんなに混んでいなかった。1日だったのかな?
2日とも晴天で、暑かったです。
日除け対策はして行くべき、私は昨年懲りたのでつばが大きな帽子と長袖、汗も拭けるタオルスカーフで行きましたよ。


購入品数は17個で、金額は5490円。
飲食代が2日で3680円、タクシー代が2000円ちょっとで、1万円くらいでしたね。
ホテル代と交通費がまとめて1万くらいなので、旅行費用トータルで2万円くらいでした。


テーマ : 旅行記 - ジャンル : 日記

 | HOME |  »

プロフィール

岬csc

Author:岬csc
岬CSC 長崎県在住 女性

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR