2017.09.02

最近の読書 上半期

2月頃に1冊も買わなかった・・と気が付いた時から、購入した本については書かないようになりました。
そのまま半年くらい過ぎてしまった。
上半期というより、まあ、8月までの話ですね~。

新刊が出たら必ず買う本の中では、新谷かおる&佐伯かよの「クォ・ヴァディス」が20巻で完結しました。
死んでしまった人も多かったですが、とりあえずはハッピーエンド。

クォ・ヴァディス20
今度通して読んでみたいと思っています。
教授が大きくなったのが残念ですが、母のような姿も悪くないですね。

劣等生
他に購入してたのは「魔法科高校の劣等生」(佐島勤)
中古で、15巻まで買いました。
今はちょっと止まっています。
中古も高くなってきたので。

ロイミュード2
「仮面ライダードライブ ロイミュードビジュアルブック」

ロイミュード
「仮面ライダードライブ キャラクターブック2」

ふと、アマゾンを見てて中古があったので買いました。
「仮面ライダードライブ」の写真集というかムックというやつ。
当時、竹内涼真くんをイケメンと思ってなかったんですが、今、ビューネ君をするほどのイケメン俳優に!
フォーゼの福士くんの進化にも驚きましたが・・前髪を下せば結構イケメンになりそうと思ってはいたけどあれほどとは!?
ところで福士蒼汰くんと中川大志くんの見分けがつかない私です。

ドライブはとにかく敵方のロイミュードが美形揃いで、悲しい結末を迎えた事もあって、忘れがたい作品でした。
ロイミュード皆いじらしく可愛いかったのに、全滅エンドで悲しかったわ~。
ハート様がカッコイイとか、チェイスが美青年だとかは分かっていたけど、アップで見るとブレンも意外に美形でした。
ロイミュードのビジュアルブック、ブレンのアップが多かったような気がする・・ブレン推しが凄くない?(笑)。
ブレンの献身というか、ハート様への無償の愛は印象深いです。
ラストまでの数話は、消さないで保存しておこう。


有栖川
図書館で、最近借りて来てるのは有栖川有栖の本。
特に火村英生のシリーズを読んでいます。
昨年だったか、セクシー俳優の斎藤工&窪田正孝でドラマになってましたね。
楽しかったなあ!あの組み合わせがセクシー2倍でしょ!?
(録画消してしまったのは失敗だった!)
昔から推理物は殆ど読んだことが無く「手を替え品を替えて人を殺す話の、どこが面白い?」と思っていたんですが。
あ~、例外としてはホームズですが、あれもキャラ萌えで読んでましたね。

図書館で、読みたい本が少なくなって来たので、読む機会のない本を借りてました。
今度、大きい図書館に新しいのを探しに行きたいと思います。
もうすぐ火村シリーズも読み終えそうなので・・。

後は・・先日、「理想のヒモ生活」の9巻を買ってしまいました。
図書館に入るまで待てなかった★

テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

2017.01.07

12月の購入本

12月の購入本です。
割と買った方かな?

「しゃばけ漫画 佐助の巻」
畠中恵さんの妖怪時代劇「しゃばけシリーズ」の漫画アンソロジー。
文庫サイズで、萩尾望都ほか7人の漫画が載っています。
兄やの1人の佐助メインですが、仁吉メインの本もあるらしい。
(そっちは買っていません・・)

ユーベル18
「ユーベルブラッド」17と18巻(塩野千支郎次)
英雄殺しの逆賊ケインツェルの復讐劇。
どれを買ったか忘れてたけど、多分持ってないと思う17巻と18巻を購入。
ラスボスまで若返って美人さんになってしまったな。
手前のケインツェルの後ろの長髪は、そのラスボス・グレン(男です)ジジイの時はちゃんと爺さんだった。
何だか陛下御自ら出張って来て、とんでもなく強いのでビックリ★護衛より明らかに本人が強いってどうよ。
ライバル・イクフェスも参戦して、クライマックス寸前のようです。

オーバーロード6
「オーバーロード」6巻(漫画・深山フギン)
丸山くがね原作のオーバーロードのコミカライズ6冊目、アニメでやらなかったリザードマン編。
表紙に全く綺麗所が居ないという清々しさ。一昔前の少年漫画のような色気の無さがステキですね。
裏表紙にはメイドの1人、エントマが居るけど・・あれってキレイ所じゃないし!

同時に買ったのが「オーディンスフィア ちいさな妖精女王」1巻(漫画・樋野友幸)
原作を全く知らないのですが、原作はアトラスという人?単にジャケ買いです。妖精の絵が可愛くて細密だったので。
表紙のカラーが綺麗過ぎると、中身のモノクロ原稿はちょっとイメージが違うってのは良くありますが、これもそんな感じ。
モノクロが下手な訳ではないですが、思ってたのと違ってたんですよストーリーというか、作風が。


乙嫁9
「乙嫁語り」9巻(森薫)
8巻のつづきのパリヤの話。
結婚したいけど、許嫁の前に出ると緊張しすぎて暴走したり挙動不審になるパリヤが面白い。
パリヤがガサツ過ぎて男同士のようなカップルですが、ウマルくんの好みにジャストミートらしいからいいのか(笑)。
まだ先が長そうですが、がんばれパリヤ!

古本で買ったのが1冊、「魔法科高校の劣等生・入学編上」(佐野勤)。
電撃文庫から出てる「小説家になろう」からデビューした作者さんのデビュー作。
どのくらい出てるか知らないんだけど、アニメが好きだったので1巻目を買ってみました。
達観した劣等生の兄と、超ブラコンの優等生の妹の話。
今は何巻まで出てるんだろう・・。続巻を買うかどうかは未定です。
読みたい気はあるんですけどね~。

という訳で、6冊でしたね。

テーマ : この本買いました - ジャンル : 本・雑誌

2016.12.03

10月、11月の購入本

そういえば忘れていた・・。
10月と11月に買った本です。

まずは10月。
「クオ・ヴァディス」19巻(新谷かおる&佐伯かよの)
「とりかえばや」1巻(さいとうちほ)
「つぐもも」18巻(浜田よしかづ)
「マウリと竜」2巻(元ハルヒラ)
「5人の王」1巻(恵庭&絵歩)
「オーバーロード」11巻(丸山くがね)

11月。
おっと・・記録を見たら、1冊も無しでした★
読んだ気になってたのは、借りた本ばかりだったみたいです。

10月のは、オーバーロードだけが小説でした。
今回も面白かったよん。
「クオ~」と「つぐもも」は続き物で、一応最終巻まで買う予定ですが、「5人の王」と「とりかえばや」は続巻を買うかは未定。
「マウリ~」は続きが出たら買うかも。

「クオ~」は、話が佳境に入り、だんだん退場するキャラクターが出始めました。
今回はただのお笑い担当?と思っていたドラキュラ伯爵の身の上話が・・。
割とまともというか、それなりにシリアスな過去で驚きました。
「つぐもも」は、消滅した桐葉に代わって新しい付喪神・響華(本体は横笛、ツンデレ)と契約したかずやが、共に戦う為の特訓を始めました。やっぱり桐葉さんたちは帰って来ないのかなあ。
「マウリ~」は、竜などの神様たちと人間のラブストーリーです。一応BL。
つまり神様たちの連れ合いは全員男。
絵が変わったという意見がありましたが、私はあんまり感じませんでしたね。
マウリたちは相変わらず仲良しでした。
新しい忌神と山賊の頭のカップル?がなかなか良かった。
「5人の王」もファンタジーなBLでした。う~ん、私にはあんまり好みではないかも。
「とりかえばや」は、男らしい姫と女らしい若君が入れ替わる古典が原作で、同じ原作で小説がありましたね。
これは・・どうしようかなあ。

図書館からは「神様は異世界に引っ越しました。」を借りてます。
だんだんこの手の本が増えてきて、楽しみです。
自分で買うには高いもんね~。

テーマ : この本買いました - ジャンル : 本・雑誌

2016.10.07

9月の購入本。

9月は森井ユカさんの「スパーマーケットマニア」を古本購入したりしたので、少し多めになりました。

スーパーマーケットマニア
「スパーマーケットマニア」のシリーズ「ヨーロッパ編」「アジア編」「アメリカ編」と「北欧5ヵ国編」。
10年位前の本になるんですね。さすがに情報は古くなっちゃったかも。
でも、見てるだけで楽しい本です。
ヨーロッパや北欧の素朴でカラフルなデザイン、チープで可愛いアジアのデザインが好き!

とつくに2

「とつくにの少女」2巻(ながべ)
少女の後ろに立つ、斧を持ったモンスター・・怖い表紙かも。
絵柄がコレなのに、どんどん不穏になって行く内容が怖い。
新しく出てきた「外の者」が首チョンパになっても平気そうなんですけど・・。
犬っぽい子たちがカワイイ。

まほ嫁6
「魔法使いの嫁」6巻(ヤマザキコレ)
女の子同士で好きな人にプレゼント買いに行きましたという話と、弟が存在しなくなったという女の子にチセが力を貸す話。
ジェラシーなエリアスにニヤニヤします。
灰ノ目が嫌な動きをしていますね・・あの魔術師がまた出てきたし・・。
嫌な予感しかしない!

ストラヴァガンツァ5
「ストラヴァガンツァ~異彩の姫~」5巻(富昭仁)
絵柄とかは大好きなんですが、残酷シーンがちょっと見たくない・・。
愛を説いて、分かる連中とも思えないのですが、ねえ。
オラヴィエが大怪我でショックだった。大丈夫だったのかな。

漫画はファンタジーばかりでした。
図書館でもライトノベルのファンタジーを読んでますね。
「忘却の魔王ロラン」とか「理想のヒモ生活」とか。

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

2016.09.13

8月の購入本。

何とまあ、8月の購入本は1冊だけでした!

オーバーロード5
「オーバーロード」5巻(作・丸山くがね&画・深山フギン)

オーバーロードのコミカライズの5巻は、原作の3巻後半~4巻あたりですね。
対シャルティアの戦いが決着し、これからリザードマン(トカゲっていうか、恐竜っぽい種族)を征服しようという話。

突然、これから殺しに行くよ~と宣言されたリザードマンたちは、生き残るために全部族で力を合わせる事に。
クルシュ(白いリザードマン)が可愛いなあ。
しかし、トカゲ人間ばかりが出て来る話って・・視覚的にしんどいわあ。

5巻の「王国の漢たち」が好きなので、それを早く読みたいです。
セバス無双と胸キュン展開が楽しみ過ぎるんだよ!

テーマ : この本買いました - ジャンル : 本・雑誌

2016.09.09

思い出せない・・。

ふと思い出したんですが、以前、読んだ小説で・・舞台は熱帯っぽくて、宇宙や謎の文明やらが出て来たような・・。
主人公は、男でしたね。
う~んと、そうだ!どこかの街の地脈を断ち切る装置を設置しようとする敵に、元カノが居たりしたんじゃないかな?
もしかしたら違う話と混ざってしまったかも・・本当に記憶があやふやでして
ヒロインの立ち位置にいるのがヤモリだった!というのが覚えている所です。
中身は何度も生まれ変わってる女性で(でも見た目はヤモリ)、彼女が好きでした。
普通のヤモリを見ても「あ、ゲッコーちゃんだ」とにこっとしてしまうのです。

なんというタイトルの本だったのか、すっかり忘れてしまいました。
多分、図書館で借りて読んだんでしょうね、家に無いもん。
感想とか書いておけば良かったよ~。
もし、知っている人が居たら教えてください!

2016.09.06

「スーパーマーケットマニア」を注文

先日、マツコデラックスの番組で「マツコの知らないプチプラの世界」というテーマだったので見たら、雑貨好きが高じて借金1000万になってしまったという森井ユカさんという人が・・。
どこかで聞いた名前のような・・と思ったら、「スーパーマーケットマニア」の著者ではないですか?!
この本、図書館で見かけて読んだんですが、楽しかったなあ。
企画として海外に買い付けに行っているのかと思ってたんですが、マジで自腹だったんだね!
それは借金が出来ちゃう筈です。
また読みたくなったので、いっそ買ってしまう事に。
中古だけど★
安く出ていた「ヨーロッパ編」と「アジア編」を注文しました。
他も欲しいけれど、少し高めかな~。
でも、森井さんの為には、新品を買ってあげるべきかしら。
ほら、印税が入らないでしょ、中古じゃ。

雑貨本は好きで、良く借りてきます。
特に森井ユカさんの本は私の好み!
少しずつ集めたいな

2016.08.11

7月の購入本

7月の購入本です。
だいたい続き物ですが、新作も1つ。

僕乙
「僕のつくった怪物」(乙一)集英社文庫。(小説)

あのホラーで切ない系の話を書く乙一さんが、珍しく普通(?)にファンタジーを!
いじめられっ子兄弟アールとグレイは、事故で死んだ父の書斎で見つけた絵本から「アークノア」という異世界に迷い込んでしまった。そこは天井と壁に囲まれた箱庭のような平和な世界。
この世界に同時に現れる(彼らの分身である)「怪物」を倒さなければ、元の世界に戻ることができないのだった。

時々、描写が乙一さんらしくグロいですが、話のムードは子供向けっぽい。
長編になるらしいので、アールが戻るのはまだ先になるようです。


つぐもも17
「つぐもも17巻」(浜田よしかづ)双葉社。

過去編も終わって、やっと話が進みそうです。
エロシーンはこの作品の特色ですが、私としては話を進めて欲しいかな?
今は亡き人のエロは心から楽しめない・・行き返ってくれたらいいのに。

恋暴10
「恋する暴君 10巻」(高永ひなこ)海王社。

相変わらず森永君がウザい・・・・・。
本当に、これほどウザくて甲斐性のない攻めはおりませんね!
男を上げる努力をして欲しいと思います!
しっかりしろよ~!

ランドリ28
「ランドリオール 28巻」(おがきちか)一迅社。

今回も通常版と特装版が出ました。
迷ったんですが、表紙の好みで特装版にしました。
付録は読み切りの小冊子「竜国エトランゼ」。
リドと、同じく他国からの留学生のマグナル王子との、ちょっとしたお話ですね。

本編は、クエンティンの企みを打ち破る事が出来たようで、一応、めでたしめでたし?
しかし、クエンティンの呪いで本国では、とんでもない事態が?!
オズモおじさんがとってもカッコ良かった・・正しく大人って感じ。
でも、アンちゃんが大変な事になって、すごく心配しました。
死なないでっ!!って、泣きそうになったよ!
ランドリの登場人物、DXの回りの人たちが本当に好きです。
誰も欠けずにいて欲しい。
アンちゃんもディアも大好きだ~


書店に行ったのに、何も買わずに出て来た時の敗北感は何でしょうね~。
気になる本はあるんだけど、手当たり次第買う訳には行かないでしょ?
夢中で読める本が出来たら嬉しいんですけどね!


テーマ : この本買いました - ジャンル : 本・雑誌

2016.07.02

6月の購入本

本は沢山読んだ気がするんですが、ほとんど図書館で借りたものでした。
6月に購入した本は・・多分この3冊。

ドリフ5
「ドリフターズ」5巻(平野耕太)少年画報社
信さんが悪くて頭がキレて素敵!悪企みに関してはもう、天才!
そしてサンジェルミが思ったより有能でビックリです。
豊さんは相変わらず何があっても動じないのが凄いよね・・。
開戦前夜という感じで、役者もそろって来たという感じです。
日本軍人の2人も参戦してくるみたいで、楽しみ!
阿部晴明の腰つきが気になる(笑)。

オーバーロード10
「オーバーロード」10巻(丸山くがね)KADOKAWA
発行が遅れて初夏になってしまいましたが、分厚いし面白かったし、待たされた甲斐がありました。
新しい配下が増えたり、エ・ランテルの冒険者組合長のアインザックとアインズがちょっと仲間っぽくなったりして、ほのぼのするシーンも多かったですね。
味方のふりをして、裏で他国と手を組もうと画策していた帝国のジルクニフ帝は、密会してる最中にアインズが(偶然)現れて絶望のどん底に・・せっかく美形なのに頭髪が心配だとか(笑)。
無意識に相手を絶望のどん底に叩き込むなんて、さすがはアインズ様!
次回はドワーフの国に出張だそうですが、何があるのか楽しみです。

オーバーロード4
「オーバーロード」4巻(画・深山フギン)KADOKAWA
原作3巻の、正体不明の敵によって洗脳された?シャルティアとアインズのバトルが始まりました。
相変わらず上手く端折ってて、スピーディーな展開です。
原作より有能な感じのアインズ様ですね。


今日、書店に行ったら乙一さんのファンタジー小説の文庫が出ていました。
今度買おうと思います。
乙一さんが、普通にファンタジーって珍しい~。

2016.06.05

5月の購入本。

5月の購入本です。
今回も少なめ。

とつくに

「とつくにの少女」1巻(ながべ)マッグガーデン
しばらく店頭から消えていましたが重版出来したようなので、手に入りました。
もう1つの人外&少女。
絵本っぽい絵柄で、少女は幼いです。
触れると呪いがうつるというので、距離を取っている真っ黒い「せんせ」と少女シーヴァだが・・。
ラストの場面が衝撃。どうなるの?!


クォ・ヴァディス18
「クォ・ヴァディス」18巻(佐伯かよの&新谷かおる)幻冬舎
アテナを刺し、イエスとマリアを手にかけようとするシド。
教授とオーディンはバリアーに閉じ込められ、シドを止めることができないでいた。
クライマックス近そうです。
教授オリジナルがどう動いて、どんな結果をもたらすのか。


夏目友人帳20
「夏目友人帳」20巻(緑川ゆき)白泉社
今回もほのぼのと暖かく、もの悲しいもののけ話が良かったです。
特に良かったのは、しだ姫様と箱庭の話。
泣けたなあ。


おとぎもよう6
「お伽もよう綾にしきふたたび」6巻(ひかわきょうこ)白泉社
おじゃる様がどうしておじゃる様になったのか、という過去編でした。
おじゃる様カッコかわいい・・そして御坊が美形だった

新しく買ったのは「とつくに~」だけで、後は続き物ですね。

テーマ : 読んだ本の感想等 - ジャンル : 小説・文学

 | HOME |  »

プロフィール

岬csc

Author:岬csc
岬CSC 長崎県在住 女性

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR