大吉!

おひとり様の日常。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 過去の映画ログ
CATEGORY ≫ 過去の映画ログ
       次ページ ≫

「ストリングス」

(2007年8月1日)
こっちで見られるとは思っていなかったデンマーク生まれの”ドール・ムービー”「ストリングス」がセントラル劇場で公開されたので、映画の日ですし、さっそく観に行きましたよ!

上映前に支配人さんが客席に解説に来たのには驚きましたが(笑)。
いつだったかもフィルムの状態が悪いので見苦しいかもしれません、とか言いに来たなあ。
でもおそらくご自分が選んで来た映画に対して、思い入れと自負があるんでしょう。
得々と話す様子を見て、本当に映画を愛してるのだなあとホノボノしてしまいましたよ。

ヘバロン国の王は遺書を残して頭の糸を切り、自害した。
それを見つけた王弟ニゾは遺書を握りつぶし、あるレジスタンスが王を暗殺したと嘘を言う。
それを信じた王子ハルは、止める妹ジーナを置いてエリト将軍と共に父の仇を討つべく旅に出たが、そこで初めて父がどんなに暴君であったかを知る事になる・・。

登場人物が人間じゃなくて、あくまでも「操り人形」であるのが画期的です。
彼らは全員天からの糸に繋がっていて、頭の糸が切れると死ぬのでした。
上に糸があるので建物にもテントにも屋根はありません。
雨が降るとベッドもビショ濡れですが、彼らは寒さとかはあんまり感じないようですな。
オープニングが既にメイキング映像だったのがすごいです(笑)。
雨を降らす中、合羽を着て足場の上で人形を操るスタッフが撮られていました。大変そうだ・・。

門とかは梁一本でOKです。
地面に埋めてある梁を上げると糸があるのでそこから先には行けないんですよね。引っ掛るから。
そういう訳で牢も格子になっている天井の穴から下に落とせば格子の一マスから外には移動出来ません。
戦いのシーンとかも・・橋の下に隠れるとか不可能な気が・・糸が見えるし・・。夜なら闇に紛れそうか?
顔や体が割れてても糸があれば大丈夫らしい、手足の糸が切れたりして損なわれると、そこらの奴隷の手足を取って付け替えられるようです。

生殖とかどうしてるのかと思ったら、途中まで親が木を削って体を作って、時期が来たら母親の糸がほつれて離れるので、それを赤ん坊の体に繋げるんです。お産の手伝いはつまりそういう作業・・母親は糸が分離する時は身動き出来ないらしい。

世間知らずのハル王子は外に出て、父が民に憎まれている事を知ります。
その間にも残した妹は父の死の真相を知ってしまって捕らえられ、供のエリトも妻子を人質に取られて王子を暗殺するように脅迫を受けていた。
でもまあ・・なんつーか、ハルってお坊っちゃんだよね~という感じが。
仇討ちに来てるのに、野性的な踊り子と恋仲になったりしてるし・・。
こんなんが平和をもたらすと予言された黄金の男とは・・情けな~っ!!

終り方はう~ん、完全なハッピーエンドにはなりませんでした。

ところで監督が(エヴァの)庵野秀明さんで、これはジャパン・バージョンだそうです。
どう変わっているのか分かりませんけど。洋画だけど邦画?

日傘を失くして駅ビルを探し回りました・・。

「300」

(2007年6月18日)
紀元前480年、スパルタ王レオニダスの元にペルシア帝国から使者がやって来た。
国を滅ぼされたくなければ服従しろと言うのだ。
しかし、スパルタに服従という言葉は無い。
レオニダスは使者を葬り去り、その瞬間からスパルタは強大なペルシア軍を敵に回したのだった。
レオニダス王に従うは、300人の精鋭。
鍛えられた肉体を武器に一丸となった密集隊形を組み、100万人の大軍に挑む!

あんまりキャラクターに重点が置かれていない感じだったんですが、300人の逞しい戦士の躍動する肉体には、とにかくうっとり、目の保養(笑)。
襲って来る敵を斬って斬って、斬りまくるんですが、少し前にテレビで「テルモピュライの戦い」を特集したので最後がどうなるのか知ってました。

それでも暗い気持ちにならなかったのは、彼らが戦士として誇りを持って戦って、その結果がどうであっても本人達が納得していたろうという事と、最後まで全く彼らの心が折れる事がなかった事。
それに強い!強いよ!格好イイよっ!

ああいう終り方で悲しくなかったのは、初めてでしたねえ。
隊長の息子が戦死したのは悲しかったですけど・・。

色がくっきりしたコントラストの強い画面で、予告を見た時は「CG?絵なのかな?いや、実写?」とか考えましたが、一応実写で・・サイとか象はCGでしたが。
ペルシア軍はバケモノ多すぎですな!

でもエンディングは血飛沫が多すぎ・・もっとゆったりした感じにすればいいのに。
最後にあんな画面を出されると、ちょっと眉をひそめてしまいます。
自由の為に戦ったスパルタの戦士に相応しくないと思うな!

でもまあ、楽しく観られました。
弱者が殺されたりするシーンもなくて、良かったです。

「女帝」

(2007年6月14日)
昨日の2本目は、チャン・ツィイー主演の「女帝」でした。
時は五代十国時代、次々に国が起きては滅びる動乱の時代です。
宮中の権力争いも熾烈だったんですね。

お話しはシェイクスピアの「ハムレット」を原案としたストーリーだそうです。
皇弟リーは皇帝を毒殺して王位を奪い、皇太子をも抹殺しようとしていた。
王妃ワンは密かに思いを寄せていた義理の息子を守る為に、皇弟との婚姻を承知する。
ある夜、盛大な宴の中で1つの杯に毒が盛られる・・その杯は誰の手に?

チャン・ツィイーが好きなので観ました。
相変わらずほっそりと優雅なのに、ワイヤーアクションもこなす凄い女優さんです。
セットなんでしょうか?皇太子が修行していた竹で出来た建物とか綺麗でしたね。
セットはどれも本当に豪華で見てて楽しかったです。
ただ、そこで行なわれていた事は血生臭くて嫌でしたけど・・白仮面の人達は踊ってる場合じゃないでしょ!逃げないと!(まあ、皇太子を逃がす為にあえて囮になってたんでしょうが・・虐殺シーンは嫌・・)

王妃は最初、殺された夫の仇と皇太子を助ける為にだけ動いてるかと思ってたら、後半は自分の欲望の為に動き始めていたようでした。
宴のシーンで、主要人物が次々に死ぬのであらら~と思いつつ見ていました。
ハムレットって読んだ事が無いんですけど、こういう話なんでしょうか?
正直、皇太子にはあんまり興味が無かったです。顔も覚えられませんでした。
それより彼を一途に慕う宰相の娘が印象的でしたよ。この子はまた可哀相でしたが。
彼女の兄が凄く妹を大事にしていて、「必ず守る、誰にも傷つけさせないと誓ったのに!」と嘆くのが可哀相でした。
悪役?の皇弟リーも割りと人間らしくて、何だか憎めなかったです。
王妃には本気で惚れていたようだし・・。

下の身分の人は勿論、偉い人たちでさえバタバタと死んで行く・・この前の「王の男」でも思ったけど、昔の中国って、掃いて捨てる程居るからって人間を粗末にし過ぎだよね。

ラストは犯人が不明なまま!気になりました!
王妃のメイクが変だったけど、ツィイーの衣装とか綺麗で良かったです。
アクションも見応えありました。という訳で、結構良かった。

「大日本人」

(2007年6月13日)
松本人志が初めて監督したという「大日本人」。
封切りまで内容が一切秘密にされていたという事で、私も事前には「主役の大佐藤は体に電流を流して巨大化するという家系の6代目で、怪獣と戦っているらしい・・」くらいの予備知識でした。
それでまあ、どんななのかな~という好奇心で観に行ったんですが・・観なくても良かったかな・・。

電流を流す前にデカパンツに足を通しておく所とか、可笑しかったんですけど。
怪獣も昔懐かしい(?)シーマンみたいなキモさで、可笑しかったんですけど。
あんまり笑えませんでした。
とにかくあちこちアイタタな感じで・・全体的に大佐藤が記者の密着取材を受けているという感じの作りなんですけど、昔の栄光にしがみ付いて見栄を張っているけど、時代にはすっかり置き去りにされていて無用の長物みたいに扱われているのが見え見え。
それを認めたくないのか、目を逸らしているのか、格好をつけようとしても空回っている所が見てて痛い。
お陰でなんだかこう観てて、居心地が悪い映画でした。(喋ってる感じが松本そのもので、これって演技してんの?と思ってしまうし)

何だか可哀相だしね、大佐藤。
給料は50万だそうですが、多分半分くらいは養育費に取られてそうな気がします。
とても1人で50万貰ってる家には見えない。
更にマネージャーにもピンハネされてそう(笑)。
どう見ても大佐藤より裕福そうだもの。

怪獣が何だか良く分からない・・。
後半、実写というか着ぐるみになった後は唖然、ボーゼン。
何ですかあれ・・特撮ヒーロー物のパロディ?苛めにしか見えませんが・・。
前もって秘密にされてなかったら行かなかったかも。
上手い戦略とは言えますね!
6月はポイント2倍だったのが、せめてもの慰めでした。

「悪夢探偵」

(2007年5月17日)
昨日は2本観ました。
で、レビューを書く為にネットで検索してみたら、塚本晋也監督って私が好きそうな映画ばっかり撮ってるし、今でも好きなホラーを上げればベスト10に入ると思う「妖怪ハンター・ヒルコ」の監督さんではないですか!
知らなかった・・。

さて、今回観た「悪夢探偵」第一弾(続くのかっ!?)は、人の夢の中に入る能力を持つ影沼京一が、携帯電話を通して人を死に追いやっていると思われる「0」(ゼロ)という謎の人物を女刑事・霧島慶子と共に追う話でした。

密室で絶命していたゴスロリ少女、妻の隣りで自分で首を刺して死んだサラリーマン。
全く関連の無い2人の死は自殺かと思われたが、どちらも死ぬ直前に0という相手と携帯で会話しており、悪夢を見ていたらしい。
事件を担当する霧島刑事(hitomi)は悪夢探偵・影沼に協力を依頼するが、影沼は今にも自殺しそうな無気力振りで決して夢の中に入ろうとはしない。
最後の手段として霧島は自分で0に電話を掛け、自分の夢に入って0と対決して欲しいと訴える。

そんなに死にたいと思うのかね~と思いながら観ていました。
自殺志願が一緒に死んで欲しいとネットを通して辿り着く先が「0」の所。
電話を通して道連れ自殺するんですが・・被害者は悪夢の中で”何か”に襲われて惨殺されてしまう。
誰かがその場に居るわけではないから、見た目は自殺なんですけどね。

電話とネットを通して接触するだけなのに、人を死に至らしめるこの犯人、姿が出るのかなあと思っていたら割りとあっさりと出て来ました。
ええと・・普通っぽいオジサンと思ったら、監督ですよ!でも、怖い演技でした。上手いなあ!
バタバタガシャンガシャン!!とけたたましく辺りの物をなぎ倒して迫ってくる「何か」が怖かったですよ~ああ、あれ、「ヒルコ」で同じようなシーンがありました!
ヒルコは大きな猫くらいのサイズで、給食室に逃げ込んだ主人公達を追ってくるんですが、棚やオタマなんかをガシャガシャと倒しながら走り回るんですよ~怖かったです。

それに追いかけられる長い、長い夜。
ラストの朝を迎えた時の夢から覚めたような感覚が「ヒルコ」を思わせました。
こういうの本当に上手い。
ぼ~としてしまいますよ。

松田龍平くん、ますますお父さんに似てきましたね。
かなり繊細な感じですが。
ヒトミは・・まあ、あんな感じかな?結構頑張ってましたが、多少たどたどしかったです。

という訳で、怖い目な映画2本でした。

「ハンニバル ライジング」

(2007年5月16日)
実はレクター博士が出る作品を殆んど観てないです。
テレビでチラリと観た事はあったけど、ちゃんとは観てなかった。
ホラーは好きでもスプラッタは苦手なんで避けていたのかもしれません。

これに限って観ようと思ったのは何故か?
ハンニバル青年役の俳優(ギャスパー・ウリエル?)が美形だったからと、彼の日本人の叔母が美人だったから!それにしてもレディ・ムラサキって・・変な名前なんですけど・・。
でも彼女は本当に美人でよかったです。

天才精神科医にして殺人鬼のハンニバル・レクター博士。彼の子ども時代から殺人鬼になるまでの生い立ちを描いた話でした。
子供の頃、裕福な家庭に育ったハンニバルは戦争で家族を失い、孤児としてソ連の孤児院に収容されていた。
そこは元レクター家の城で、戦争の後、ソ連に没収されたものだった。
無口で回りに溶け込まない性格は看守(というのとは違うけど、似たようなものでした)に目の敵にされてしまう。
リンチされそうになったハンニバルは、ただ1人の身内である叔父と日本人妻が住むパリへ脱走する。

見た目が若造だからって皆、舐めすぎね。
怒鳴ったり殴ったりすれば萎縮してオドオドする羊のような少年達と違って、彼はオオカミというかモンスターだからね。
目の前ですごまれようと、警察に嘘発見器にかけられようと全く動じないですから。
人を殺す事に対して罪の意識は全く持っていないようです。
そんな物持っていたら被害者の肉を食べたりしないと思うけど。

そんな彼が動揺するのは愛する人に危害を加えられた時・・子供の頃、両親を失った後、唯一の肉親だった最愛の妹(まだ3つくらい?)ミーシャを押し入ってきた兵隊崩れに惨殺されたショックが彼の性質を変えました。
ここの顛末は薄々分かったので「頼むから、そんなの見せんでくれよ~」と思いつつ観ていました。
子供がじょうられる(←方言です・・あんまり書きたくない内容なんで)場面なんて見たくない!
ハンニバルが可哀相で泣けました・・。

多少グロかったんですが、面白くて買ったコーラを飲むのを忘れていたくらいでした。
ハンニバル最凶の片えくぼだね!
叔母に武道を仕込まれて、攻撃力も防御も数段にアップしてましたよ!格好イイ!
でもあんなのを斬るのに日本刀は勿体無い・・そうか、バターを切るようだったのか。
流石、弾丸さえも両断する刃物だわ。

妹を殺した男達を探し出し、復讐する事がハンニバル目的でした。
しかし、それが終わる頃には彼は立派な殺人鬼に出来上がっていたのでした。
更に被害者の頬肉を食うし・・「ハンニバル」をテレビで見た時、レクター博士が牢の中に居るのに凄く怖かった事を思い出しました。
やはり生き物として「お前美味そうだな」という目で見られるのは、根源的な恐怖を呼び覚ましますな!

レクター博士の他の話も見たくなりましたよ!

「大帝の剣」

(2007年4月19日)
何故、これを観ようと思ったのか、ちょっと不明です。
理由を思い出せないんですけど・・。
原作は夢枕獏さんだそうですが、どこかのマンガが原作かしらと思っていました。
B級臭ぷんぷんそうな所が気になったのかも~。

時は江戸時代初期、オリハルコンという謎の金属で作られた大剣を背負って旅をする大男・源九郎は、豊臣の血を引く舞姫と知り合い、オリハルコンで出来た”三種の神器”と舞の命を狙う土蜘蛛衆との死闘を繰り広げる事になる・・て、感じ?

説明しにくい内容でした・・ドタバタコメディ冒険活劇で、突然SFチックで~。
チャンバラだと思って見ていたら空から宇宙船が落ちて来て、宇宙人までがオリハルコン争奪戦に絡んできてですね~!
宇宙人は液状で傷口とかから生き物の体に入り込んで操るという連中で、宇宙空間で争っていた2つの宇宙空母から放たれたもので敵同士だったようです。

空母同士で食い合ったり(!)通信で会話する時に「お前ら」ではなく「お前」と言う所を見ると、彼らは個も全体も同一の意識を持っているようです。
食い合う空母のデザインが有機的で面白かったです。

面白ければ何でもいい!という源九郎と宇宙人に入り込まれた姫(2重人格になってます)姫に想いを寄せる忍者の佐助(ちょっとカワイソウでした)。
敵の土蜘蛛衆のキャラが皆、立っていて笑いましたね~!
お気に入りはドジな忍者・手妻の藤次。
かっこよく走ろうとして背負った荷物を引っ掛けて転んだりして、いちいち笑わせてくれました!
早く死んでしまったので残念でしたね。姫夜叉もお気に入りでした。
杉本彩さん好きv
後、敵の宇宙人に乗り移られた権三がまた変で!
「あら?あららら~」という口癖が緊張感0。

とまあ、変な映画でした。
ずっと江守徹の解説というか語りが入っていて、分かり易かったというか・・変だったというか。
こういうハチャメチャも良いですけどね。
ラストもはあ?という感じでした。
何でも有りだね!



「Water」

(2007年4月18日)
さて、この映画はわずか28分しかありません・・それで幾らなんだっけ?
今日はレディスデーなので1000円でしたけど。
1200円くらい?
そんなで何故ユナイテッド長崎に掛かっているかというと、舞台が長崎市だからみたいですね!
狭い坂道がグネグネとどこまでも続いてて、家が積み重なるみたいにそびえ立っていて。
出てきたバスとかも、今日乗ったバスの座席と同じ模様のシートでしたよ。
景色を見ると愛宕あたりでしょうか?

長崎市を見下ろす山の上に有る高校に通っている凌雲(リョウという名前だったよ。背が高い方)は半年前に兄を事故で亡くし、精神的に不安定なままの母を支えて家業の酒屋を継ごうと考えている。
しかし水泳部で一緒の親友、圭一郎から東京の大学に進学するという話を聞かされてから、訳の分からない焦燥に駆られるように・・。

出だしから少年(確か凌雲です。場所はクラブのシャワー室)のシャワーシーンで・・後姿ですが、お尻もバッチリ☆
そこに圭一郎が来て、東京に行くつもりだという事を聞いた凌雲は「東京なんて行くな」と後ろから抱きつくのでした・・ああ~なんだか、しょっぱなから凄くJUNEなんですけど!

圭一郎には彼女が居るんですけど、凌雲の態度がもうジェラシーとしか思えないんですよ。
本人は良く分からない状態なんでしょうけど、親友が居なくなるというのが受け入れられないのかな・・。
もやもやしてストレスが溜まってしまった凌雲は、衝動的に圭一郎を彼女の前で壁に押し付けて・・掌越しのKISSを~。

でもまあ、凌雲は割りとノンケだと思うんですよね。
多分、圭一郎の方が恋愛感情に近い物を抱いていたんじゃないかなと。
そういう風な本も読んでたみたいだし、でなければKISSされた後、1人であんなにニヤつかないと思うよ~。嬉しそうだったし・・。
しかしそうなると、ますます彼女の立場が無くて気の毒ですね。
普段から、2人の間に入る隙間が無いと苦々しく思っていたんじゃないかと思いますが。

尺が短いせいか、もれなくパンフレットがプレゼントに付いていました・・。
でも、観客は私を含めて3人だったんですけど・・寂しい。




伊藤市長のご冥福をお祈りいたします・・。映画館が駅ビルにあるので現場の近くを通りました。花が沢山手向けられているのが見えました。私も傘に隠れて歩道橋の上からでしたけど、こっそりと手を合わせて参りました。7-4-18

「蒼き狼・地果て海尽きるまで」

(2007年3月8日)
モンゴル建国800年記念作品「蒼き狼~」です。
史上最大の帝国を築いたモンゴルの覇者チンギス・ハーンの半生を描いた超大作・・という事なんですが。
ハーン(テムジン)役に反町隆史、妻ボルテが菊川怜、息子ジュチは松山ケンイチ、他にも袴田吉彦(弟役)やら松方弘樹やら、かなりの豪華キャストでした。
戦闘シーンもCGに頼らずモンゴル軍5000人、即位式には2万人以上のエキストラを動員したという壮大なもの。

テムジンの母は略奪されて来た女性で、生まれた息子が前夫の子供なのか今の夫の種なのか微妙・・そのせいで父の死後、大変な辛苦を舐める事になる。
テムジンは自分の力でモンゴルの「蒼き狼」の血筋である事を証明して行くんですが、成長して妻を迎えた時、彼も妻を略奪されてしまう。
数ヵ月後、何とか奪還する事に成功するが、妻はすでに身籠っていた・・。

ええと、話はどこかで読んだかで何となく知っている気が・・。
話は多分面白いんだと思うんですが、どうも違和感が~。
出だしのテムジン(14歳)とボルテ、ジャムカの出会いのシーンからもう演技どころじゃなく・・学芸会?
成長して反町テムジンになっても、その違和感は払拭される事無く・・。
何故だろうと思っていたんですが、分かりましたよ!
日本人俳優がバリバリ日本語でモンゴル人(つまり外国人の役を)を演じているのが、凄い不自然に見えるんですよ~。

どうしてもチンギス・ハーンの映画を観ている気になれなくて、不自然さを気にしている内に話に乗り遅れ、ジュチとのシーンにも感情移入出来ず・・。
松方弘樹も変だったし(笑)。
いっそモンゴル人の俳優とかで作った方がリアリティ有って良いのでは?と思いました。
(もしくはモンゴル語でアフレコして字幕にするとか!)壮大な珍作になりましたな~。

不自然さを感じなかったのは新人のAra(何人?この名前)くらいですね。
画像ではおでこしか出てませんが・・彼女はかなり綺麗で良かったです。
ジュチが松山ケンイチだというのには、ずいぶん後まで気が付きませんでした・・。
病気でやつれている不健康な顔を見て初めて分かりましたよ(笑)。
だってLでしか見た事ないんだもん私。

つーわけで、ビミョーな大作でした。

「ゴーストライダー」

(2007年3月7日)
危険なバイク・スタントで有名なジョニーには秘密があった。10代のとき病気の父を救う為に、悪魔に魂を売ってしまったのだ。30になったジョニーの前に再び現れた悪魔メフィストは、地獄の反逆者ブラックハートを倒す使命を果すように要求してくる。ジョニーは悪魔の力を与えられ、炎を纏ったドクロの姿「ゴーストライダー」に変身して悪と戦うようになるが・・。



ジョニー役はニコラス・ケイジなんですけど・・他の俳優でも良かったんでは・・(笑)。
まあ、本人が原作のアメコミのファンで、是非やりたいと言ったとか何とか。
ネットで「ふさふさしている」と聞いていたので頭につい、目が行ってしまいましたよ。
増毛かしら?それともカツラ?

話は結構面白かったです。あちこちで笑ってしまいました。
別にギャグじゃないんですけど、何だか可笑しいんだもん。
ジョニーは酒も煙草もやらないで、御菓子とアニメとサルが好きでカーペンターズのファンって・・。
命知らずでハードボイルドなイメージがあるのに、いざとなるとヘタレで(というか、実生活では軒並みへタれている・・)情けない所が可笑しい。

かつての恋人ロクサーヌと再会して、よりを戻そうとデートの約束をするんだけど、どきどきし過ぎて鏡の前でイメージトレーニングしている内に悪魔が来てしまって、本人もドクロに変わってしまってデートどころじゃなくなるんですが・・イメージトレーニングしている時点で既に遅刻してるし!もう、ダメ男~!!
「あちゃ~」と思いながら見ていました。

ゴーストライダーは格好良かったですよう!
黄金バットというか、デビルマンというか。バイクが変身する所も面白かったです。
口笛を吹くと(唇無いのに、どこで口笛を?)走ってくるあたり、馬みたい(笑)。
あ、先代ライダーとの揃い踏みも格好良かった!すてき~!

バイク・アクションも、鎖を武器として振り回す戦い方もマンガらしく荒唐無稽だけど、カッコ良かったし~もう、全然OKですね!

いやあ、楽しかったです。
でもちょっと敵が弱すぎるような?

過去の映画ログ | Comments (-) | Trackbacks (-)