大吉!

おひとり様が、あちこち徘徊してます。

Archive [2011年09月 ] 記事一覧

「ストリングス」

(2007年8月1日)こっちで見られるとは思っていなかったデンマーク生まれの”ドール・ムービー”「ストリングス」がセントラル劇場で公開されたので、映画の日ですし、さっそく観に行きましたよ!上映前に支配人さんが客席に解説に来たのには驚きましたが(笑)。いつだったかもフィルムの状態が悪いので見苦しいかもしれません、とか言いに来たなあ。でもおそらくご自分が選んで来た映画に対して、思い入れと自負があるんでしょう。...

「300」

(2007年6月18日)紀元前480年、スパルタ王レオニダスの元にペルシア帝国から使者がやって来た。国を滅ぼされたくなければ服従しろと言うのだ。しかし、スパルタに服従という言葉は無い。レオニダスは使者を葬り去り、その瞬間からスパルタは強大なペルシア軍を敵に回したのだった。レオニダス王に従うは、300人の精鋭。鍛えられた肉体を武器に一丸となった密集隊形を組み、100万人の大軍に挑む!あんまりキャラクターに...

「女帝」

(2007年6月14日)昨日の2本目は、チャン・ツィイー主演の「女帝」でした。時は五代十国時代、次々に国が起きては滅びる動乱の時代です。宮中の権力争いも熾烈だったんですね。お話しはシェイクスピアの「ハムレット」を原案としたストーリーだそうです。皇弟リーは皇帝を毒殺して王位を奪い、皇太子をも抹殺しようとしていた。王妃ワンは密かに思いを寄せていた義理の息子を守る為に、皇弟との婚姻を承知する。ある夜、盛大な宴...

「大日本人」

(2007年6月13日)松本人志が初めて監督したという「大日本人」。封切りまで内容が一切秘密にされていたという事で、私も事前には「主役の大佐藤は体に電流を流して巨大化するという家系の6代目で、怪獣と戦っているらしい・・」くらいの予備知識でした。それでまあ、どんななのかな~という好奇心で観に行ったんですが・・観なくても良かったかな・・。電流を流す前にデカパンツに足を通しておく所とか、可笑しかったんですけど...

「悪夢探偵」

(2007年5月17日)昨日は2本観ました。で、レビューを書く為にネットで検索してみたら、塚本晋也監督って私が好きそうな映画ばっかり撮ってるし、今でも好きなホラーを上げればベスト10に入ると思う「妖怪ハンター・ヒルコ」の監督さんではないですか!知らなかった・・。さて、今回観た「悪夢探偵」第一弾(続くのかっ!?)は、人の夢の中に入る能力を持つ影沼京一が、携帯電話を通して人を死に追いやっていると思われる「0...

「ハンニバル ライジング」

(2007年5月16日)実はレクター博士が出る作品を殆んど観てないです。テレビでチラリと観た事はあったけど、ちゃんとは観てなかった。ホラーは好きでもスプラッタは苦手なんで避けていたのかもしれません。これに限って観ようと思ったのは何故か?ハンニバル青年役の俳優(ギャスパー・ウリエル?)が美形だったからと、彼の日本人の叔母が美人だったから!それにしてもレディ・ムラサキって・・変な名前なんですけど・・。でも彼...

「大帝の剣」

(2007年4月19日)何故、これを観ようと思ったのか、ちょっと不明です。理由を思い出せないんですけど・・。原作は夢枕獏さんだそうですが、どこかのマンガが原作かしらと思っていました。B級臭ぷんぷんそうな所が気になったのかも~。時は江戸時代初期、オリハルコンという謎の金属で作られた大剣を背負って旅をする大男・源九郎は、豊臣の血を引く舞姫と知り合い、オリハルコンで出来た”三種の神器”と舞の命を狙う土蜘蛛衆との...

「Water」

(2007年4月18日)さて、この映画はわずか28分しかありません・・それで幾らなんだっけ?今日はレディスデーなので1000円でしたけど。1200円くらい?そんなで何故ユナイテッド長崎に掛かっているかというと、舞台が長崎市だからみたいですね!狭い坂道がグネグネとどこまでも続いてて、家が積み重なるみたいにそびえ立っていて。出てきたバスとかも、今日乗ったバスの座席と同じ模様のシートでしたよ。景色を見ると愛宕...

「蒼き狼・地果て海尽きるまで」

(2007年3月8日)モンゴル建国800年記念作品「蒼き狼~」です。史上最大の帝国を築いたモンゴルの覇者チンギス・ハーンの半生を描いた超大作・・という事なんですが。ハーン(テムジン)役に反町隆史、妻ボルテが菊川怜、息子ジュチは松山ケンイチ、他にも袴田吉彦(弟役)やら松方弘樹やら、かなりの豪華キャストでした。戦闘シーンもCGに頼らずモンゴル軍5000人、即位式には2万人以上のエキストラを動員したという壮大...

「ゴーストライダー」

(2007年3月7日)危険なバイク・スタントで有名なジョニーには秘密があった。10代のとき病気の父を救う為に、悪魔に魂を売ってしまったのだ。30になったジョニーの前に再び現れた悪魔メフィストは、地獄の反逆者ブラックハートを倒す使命を果すように要求してくる。ジョニーは悪魔の力を与えられ、炎を纏ったドクロの姿「ゴーストライダー」に変身して悪と戦うようになるが・・。ジョニー役はニコラス・ケイジなんですけど・・...

「墨攻」

(2007年3月1日)”ぼっこう”というタイトルが格好良くて、観に行きました。朝から行ったのに、今日は朝からの上映がなくて、早起きしたのに・・。無駄に時間があったので、ボサボサになっていた髪を切りに美容院に行きました。サッパリした~。戦乱の中国に「墨家」という”非攻””兼愛”を掲げる集団が居た。大国「趙」によって落城寸前の「梁」は墨家に援軍を求めるが、やって来たのは革離という男が只1人。10万の敵を前に、革離...

「どろろ」

(2007年2月22日)手塚治虫先生の原作漫画を、妻夫木聡(百鬼丸)&柴咲コウ(どろろ)で映画化したものです。ニュージーランド・ロケとかワイヤーアクションとかでダイナミックな映像を見せてくれました。体の四十八箇所を父親の醍醐景光によって魔物に売り渡された百鬼丸は、体を取り戻す為に四十八体の魔物を退治する旅に出る。どろろは百鬼丸の左手の刀を狙って、その旅に同行するのだが・・。ネットで既に色々話を聞いていた...

「長い散歩」

(2007年2月21日)緒方拳演じる松太郎は、元校長で厳格な男。そのせいで妻を追い詰め、娘とも絶縁状態になって、1人安アパートへ引っ越してきた。隣室には母子が住んでいたが、5歳くらいの娘は虐待を受けていて、いつもダンボールで作った羽を背中につけている。見かねた松太郎は少女を連れて「青い空を見に」かつて妻や娘と訪れた山の頂上を目指すが、その旅は”誘拐事件”として扱われ、警察が動き始めていた・・。幸薄いのに「...

「モンスターハウス」

(2007年2月1日)12歳の少年DJは、向かいにあるネバークラッカーの家をずっと怪しんでいた。ネバークラッカーは敷地に子供が入るのを嫌い、入って来たオモチャを全て取り上げてしまう。実はこの家は生きていて・・!異変に気が付いたDJと親友チャウダー、仲間になった優等生の女の子ジェニーの3人は、共に町の平和を守る為、モンスターハウスに挑んで行く。一瞬、人形アニメかと思ったんですが(質感が!)顔の動きとかの細かさ...

「硫黄島からの手紙」

(2007年1月31日)戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地下要塞を築き上げる。そんな栗林の登場に、硫黄島での日々に絶望していた西郷ら兵士たちは希望を見出す。だが、一方で古参の将校たちの間で反発が高まり…。」(映画...

「鉄コン筋クリート」

(2007年1月18日)開発に取り残され雑然としたレトロな町「宝町」。そこを根城にしている2人の少年、クロとシロ。やがてこの町に不穏な動きが・・。ええと、ヤクザの地上げみたいな事が始まるのですね。宝町を子供向けレジャーランドに作り変えようという再開発をヤクザが企んで、邪魔をしそうな勢力を潰しに掛かる。クロという少年は俗に言うストリートギャング?で、宝町でもそれなりに名が通っている存在らしいです。彼の相棒...

Menu

プロフィール

岬csc

Author:岬csc
岬CSC 長崎県在住 女性

最新記事

カウンター

右サイドメニュー