大吉!

おひとり様が、あちこち徘徊してます。
<< 2019Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

cup 「機動戦士Zガンダム・星を継ぐ者」

2011.08.10 Wed
(2005年6月8日)
宇宙世紀0087年。1年戦争から10年弱経っても、まだ地球とコロニーの確執は続いていた。コロニーに住む高校生カミーユ・ビダンは、地球連邦軍のエリート「ティターンズ」に反抗して連邦のガンダムMK-2を奪取し、反連邦組織「エゥーゴ」に身を投じる。そして、そのせいで技術者である両親をティターンズに殺害されてしまう。

何だか普通のテレビアニメみたいにオープニングから始まりました。絵がコロコロ変わってたのはテレビシリーズのを使いまわしてたみたいで、さすがに大画面だと粗過ぎました。今回、書下ろした絵とのギャップが気になりましたよ。
富野由悠季監督というわけで、今のデスティニーとかとは、やはり肌触りが違いますね。イマイチ話を覚えていないので、誰が誰やら理解出来なくて困りましたが。「ファースト」のキャラは勿論覚えてましたv懐かしかったなあv

ブライトさんは軍に残ったものの、随分不遇を囲ってたみたいです・・昔から苦労の絶えない人で、お気の毒。危うく遭難しそうだった所を助けられて合流。更にエゥーゴの組織の一つ「カラバ」のリーダー格ハヤト、今はルポライターみたいな事をしているカイ・シデンまでが合流します。でまあ、エゥーゴの中で「クワトロ・バジーナ大尉」と名乗っている元「シャア・アズナブル」と図らずも今回は同志として肩を並べる事になったわけですが、カイはシャアを信用しても良いものか疑ってます。ブライトさんも、きっと気が付いてるね!でも、シャアが元ホワイトベースのクルーには敬意を払ってるのが何となく分かって、微笑ましいような気になりました。

前作の主人公「アムロ・レイ」は危険分子として軍に軟禁状態に置かれていましたが、彼をヒーロー視しているカツに責められて、やっと今の状態から脱出する決心を固めます。クワトロとカミーユが戦ってる最中にアムロが飛び込んで来るわけですが・・無茶にも程が有るよ!でもアムロ、可愛い~!何だか高校生のカミーユよりよっぽど可愛いっつーか、可憐なのは何故?ヒロインだよvMK-2の掌の中に包まれてる所とか、「シャア!」「アムロ、アムロ・レイか!?」と身を乗り出して見詰め合う2人の様子が何だかアヤシイく見えたのは気のせいでしょうか?。カミーユがそんな2人を見て、前大戦の伝説の男が目の前に居るのだと思って感動しているらしい所が、また楽しかったです。

今回は主人公とは言え、カミーユの影は薄かったかなあ?次回は主役らしい働きをすると思いますが、まだボウヤだし~。改めて顔を合わせたアムロとシャアの会話とか凄く楽しみ!「2」も観に行くと思います、勿論!
関連記事

  • ジャンル : 日記
  • スレッドテーマ :
プロフィール

岬csc

Author:岬csc
岬CSC 長崎県在住 女性

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR