大吉!

おひとり様が、あちこち徘徊してます。

Entries

「シン・ゴジラ」

シン ゴジラ
(TOHOシネマズ・10月1日・18時20分~・ファーストデー¥1100)

せっかく「映画の日」1日が土曜日に重なってたので、何か観ようかなと思いました。
観たいかもと思っていた映画はせいぜいゴジラくらいだったんですが、TOHOでまだ1回だけだけどやっていたので、それを観に行って参りましたよ!
上映は夜の6時過ぎだったので、昼頃にのんびり出てきました。
まずチケットを購入しようと映画館に行ってみると、結構人が多かった。
男女だれでも安くなる映画の日だからなあ。
「シン・ゴジラ」は入場特典で「名台詞ステッカー」をくれました。
それなりにヒットしたからだね。
セリフが印象的な所も、監督らしいよね。
名セリフ



客の入りは半分くらい?
もう終わりごろだろうし、多い方じゃないかなー。

冒頭とか、音楽も昔のゴジラを意識して作られている感じでした。
リスペクトというやつ?
画面のカット割りとか独特で、庵野監督っぽさが見えました。
現代の日本にゴジラが出現したら・・という想定の映画なんですね。
現場では大騒ぎなのに、とにかく会議をしないと何も決められない政府。
目の前にある危機を見ながら、どこかのんびりな日本人。
写メ撮ってないで逃げようよ~。
出現したゴジラは、放射をまき散らす竜巻のよう。
どうするのこれ?もう詰んでるんじゃないの?

ゴジラが最初出た時は「これ、ゴジラじゃないじゃん!」と思いました。
何かお目々もパッチリしてるし・・。
まさかあんなになるとは・・そして中の人が萬斎さんだとは。

もう日本も終わりか‥と思ったら、クラマックスで現場が頑張りました。
結局、偉い人たちより、現場で動く普通の人たちが責任感があって勤勉だから、日本はここまで来たんだなという。
ちょっとプロジェクトXみたいで、胸が熱くなりました。
突飛で大胆な作戦、凄いわ~!
(無人在来線爆弾って何www)
捨て身の総力戦だね!
手に汗握って見守ってしまいました。
ちょっと実際はそう上手く行くかなあ・・とは、思いましたけどね。

キャストもなかなか癖があって、良かったです。
最後も盛り上がったし、面白かった。


関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

岬csc

Author:岬csc
岬CSC 長崎県在住 女性

最新記事

カウンター

右サイドメニュー