大吉!

おひとり様が、あちこち徘徊してます。

Entries

仮面ライダーエグゼイド 13話

小児科研修が終わった永夢は、外科の研修を飛彩の下で始めていた。
しかし永夢は貴利矢の死から立ち直れず、その心の弱さを飛彩に指摘され、ガシャットを全部没収されてしまう。
今度の患者は、医師の白河。
ゲーム病が治っても癌で長くは生きられないと言い、治療を拒否しようとする。
またしても、目の前で命が失われて行く。
自分の無力さにもがき苦しむ永夢は、「ムゲンを倒せ」とパラドが渡してきた謎のガシャットを使って変身するが・・。

知らない人から貰った物を軽々しく食べちゃダメ!
「人間が使ったら即死する」と壇が言っていたガシャットを、パラドがニヤニヤしながら永夢に渡してたので、ヤバいと思いながら見てました。
まさか2人に分裂するとは超展開。
W思い出しましたよ。(半分こさんになるみたいだし)

何だか混迷を深めて来ました。
ここで映画を見ておけば、ストーリーが分かりやすくなるらしい。
う~ん、どうしよう。

関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の仮面ライダーエグゼイド 第13話

「定められたDestiny」 衛生省の日向官房審議官は情報統制してきたゲーム病についての記者会見で情報公開し国民に冷静に対処するように要請。 その会見を見ていたパラドは自分達への牽制と見ますが、ゾンビのガシャットを手に入れた黎斗は問題ないと気にせず、仮面ライダーのガシャット回収を目論みます。 情報公開したという事で、日向審議官は明日那に今まで以上の働きを期待し、明日那も心機...

仮面ライダーエグゼイド 第13話「定められたDestiny」

第13話「定められたDestiny」 JUGEMテーマ:エンターテイメント

仮面ライダーエグゼイド 第13話「定められたDesitny」

仮面ライダーエグゼイドの第13話を見ました。 第13話 定められたDesitny 衛生省がゲーム病について緊急記者会見を行う中、黎斗はガシャットを回収しようと動き出そうとしていた。 「まったく、親父の気が知れないな。この俺にお前の指導医をやらせるなんて」 「すみません…」 「集中しろ。どうせ監察医のことでも思い出していたのだろうが、お前の私情など患者には関係ない」 ...

Menu

プロフィール

岬csc

Author:岬csc
岬CSC 長崎県在住 女性

最新記事

カウンター

右サイドメニュー