自然豊か? 

2017, 06. 03 (Sat) 08:55

先日、家に帰って来たら、アパートの敷地内を横切って行く黒っぽい動物を見ました。
一瞬猫だと思ったんですが、良く見ると尻尾の形が猫と違う。
かと言ってもタヌキでもない。
サイズ的には猫より大きくて、タヌキの若い個体みたいな大きさ。
でも、タヌキにしては尻尾が小さいし、何より頭も耳も小さい。
何だろうアレ?と思って見ていたら、再び来た道を戻って姿を消しました。

金曜日の朝、近くの国道に何かが倒れていました。
朝方にでも、交通事故にあったらしい。
ちょっと見、何か分からなかったので近づくと・・タヌキっぽいけど違う生き物。
大きさといい、これは先日見かけた正体不明の動物では?
轢かれてしまったんだな~可哀そうに・・。
近くで見ると体はタヌキだけど、顔が違うんですね。
特に模様も特徴もないけど、顔はイタチの仲間?というわけで調べてみたら、どうやらアナグマだったようです。
アナグマ・・ここらに居たんだね。
イタチなら良く見ます。(テンかもしれないが)
この前は帰宅した時、前方の繫みから出て来てアパートの方に走って行くのを見ました。
近くの民宿の駐車場を横切るのを何度か見ましたから、あれが通り道なのかも。

この前は帰る途中で、バスの車窓から空き地にいる鹿を見かけましたよ。
道にイノシシ注意の看板も見るし(見た事はないです)。
人口が減りつつある長崎県、人が減ると動物が進出して来るんですね。
自然豊か・・と言っていいものやら(笑)。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント