大吉!

おひとり様が、あちこち徘徊してます。

Entries

2日目、武雄温泉。

目が覚めたのは4時半くらいでしたっけねえ。
朝食は6時半からなので、それまでゴロゴロしてて、時間になったので降りて行きました。
朝食メニューは普通の味噌汁やコンソメスープ、パンやご飯、サラダやウィンナー、スクランブルエッグなんかの定番に加えて、カレーや冷麺、梅肉入りのサラダなどがありました。
味噌汁は薄かったけど、カレーは美味しかったです。冷麺も美味しかった。
無料なのでまあ、この前のホテルよりはちょっと良いかな?という感じでした。

さて、今日はどうしようかと考えながら、ロビーに情報収集に。
せっかくなので武雄温泉に行ってみるか・・とフロントに聞いてみたら、歩いて行ける距離だと言う。
あんまり歩きたくない・・それに夕べ、バス停に居たら武雄温泉行きのバスを見かけてたので、バスがあるんじゃないかな~と思ったんですが、あんまり本数は無いよというので・・。
もう少し考えてみようと思って部屋でゴロゴロしていたら、いつの間にか結構な雨が降りだしていました。
この雨なら、歩いても大丈夫かも!と(暑さが何より大敵なんで)、チェックアウトしようとしたら、武雄を観光するならお荷物を預かりますよ!と言ってくれたので、預ける事にしました。
もうチェックアウトするのに、温泉セットも貸してくれるみたいでした。
まあ、私はマイタオルを持って来てたので大丈夫でしたが、なんて親切なホテルなんでしょう!
入浴券もフロントで安く買えたので300円で購入して、雨が上がったので出発。

歩いて10分ちょっとくらいかな?炎天下じゃ堪らなかったですが、雨上がりで曇りなので少しは楽。
武雄温泉1
竜宮城みたいな楼門の「武雄温泉」に到着。

武雄温泉2
奥にあるのは、多分高い料金のお風呂。

何種類かお風呂があるみたいですが、私は手前の一番古くて一般的な「元湯」に。
平日の朝なので女性客は3~4人、多分地元のおばちゃん達ですね。
中は木造で天井が高くて(湯気を逃がす為に抜けがある)別府の温泉みたいに階段を下りていくんですね。
「ぬる湯」と「あつ湯」があったので、もちろんぬる湯に入りました。
リンスインシャンプーとソープなどは有り。
透明で、少しぬるぬるする感じのお湯で、凄く気持ち良かった!
この旅で、初めて良かったなあと思った瞬間でした。
はあ~、来て良かったなあ。
少し休憩所で涼んで、温泉を出ました。

途中で、ガイドブックで見てた「ホワイト餃子」のお店があったので、寄ることにしました。暑いし。

餃子会館1
「餃子会館」線路の近くなので、電車から見えてた。

餃子会館2
レトロっていうか、良い感じに汚い(笑)。

餃子
「焼き餃子」8個、450円。
餃子というより大きさ的には小籠包。でっかいです。
ラーメンに付ける感じで注文した方が良いのか?と迷ったけど単品で。
出て来たのを見て、単品で正解だったなと思いました。
具材が多いらしい、グリンピースとかチーズ?珍しいよね。
アツアツでした。

ホテルで荷物を受け取って、再び有田に。
1度入ってみたかった「本陣」というお食事処に行ってみました。
(ちょっと高級なお店です)
歩いたら遠かった・・暑くて死ぬかと!
よろよろしながら何とか到着。
これで休みだったりしたら最悪だよなあ・・と思いましたが、営業していました。
ただ、もう2時半なのでお客は1組居ただけ。
ごどうふでも食べようかと思って、でもう~ん単品で540円・・御膳で食べた方がお得だよねえ。

本陣
「本陣」の店内。涼しげな窓辺。

なるべく長く涼みたい~。
ホワイト餃子で昼飯は済ませてるけど、早い晩飯にしちゃおう!
今回、あんまり御馳走は食べれてないし~。

ごどうふ御膳1
というわけで、選んだのは「ごどうふ御膳」1580円。
さすが有田のお店、器がステキです!豪華です!
御膳2
開けた感じ。
ごどうふの揚げ出し、酢味噌、ゴマダレ、黒蜜きなこ、とごどうふ尽くし。
他に野菜てんぷら、夏野菜の含め煮、ナスの田楽、味噌汁、茶わん蒸し、小鉢など11品くらい?
手間暇かけた上品で美味しい料理の数々・・さすがだ!
ゆっくり食べて、食後のコーヒー。
コーヒー
かわいらしいカップ。

食後、コミュニティバスもいつ来るやら・・の場所だったし、とんでもなく暑かったんで、お店の人にタクシーを呼んでもらいました。番号が分からなかったので。もう、歩きたくなかったのです★

結構、歩いてきたよね・・とタクシーの中で思いました。
700円くらい払ったけど、タクシーって楽

4時くらいの電車に乗って、割と明るいうちに長崎に帰りました。
う~ん、暑かったぁ~。
やはり夏の旅行はやめておこう(苦笑)。

番外をもう1つUPします。
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

岬csc

Author:岬csc
岬CSC 長崎県在住 女性

最新記事

カウンター

右サイドメニュー