「メアリと魔女の花」 

2017, 09. 16 (Sat) 14:50

魔女の花
(2017年9月14日・TOHOシネマズ・レディースデー)

やっと観に行きました。
元ジブリのスタッフと米林監督が、ジブリを離れて1から作り出したアニメーション映画、1作目。

大伯母シャーロットの赤い館にやって来た、赤毛の少女メアリ。
退屈嫌いの彼女は森の中で「夜間飛行」という不思議な花を見つける。
それは強力な魔力を秘めた禁断の魔女の花だった。

背景は美しかったし、動きとか流石ジブリの血を引く人たち・・と思いながら観てました。
火や液体の動きとか。
メアリは可愛くて良かったんですが(何でもやりたがる割りに不器用で、空回りする様がちょっとイタイ子だったけど)それ以外のキャラクターが、イマイチ可愛くないかな?
マダムやドクターはまあ良かったし、赤毛の魔女も美人で良かったけど、猫やフラナガンなんかの動物キャラが可愛くない。
ピーターもイマイチ感情移入出来なかった気がするんだけど、う~ん。
思うに、メアリと他のキャラの関係性が良く分からないというか、そういう描写が足りない感じでした。
ピーターを助けに行くのも、好きだからとかじゃなくて責任を感じたからとしか見えないから、それをピーターが庇ったりするのもピンと来ない。
昨日、やっと「思い出のマーニー」を見たんですが(米林監督のジブリ作品)やはりこの奥深さが足りないよね。

あっという間に終わった感じがしたのは良かったのか悪かったのか・・。
制御できない力を手に入れようとするマダムたちの愚かさに、原発の事を思い出しました。

次回作に期待したいです。
力はあるのだし。
ただ、ジブリが再始動しそうですけど、それはどうなるのかしらん?


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント