9月に買った本。 

2017, 09. 23 (Sat) 07:33

そろそろ打ち止めなので書いておきます。
前回以降で購入した本です。

「とんがり帽子のアトリエ」1巻(白浜鴎) モーニングKC。
アトリエ1
古本屋で買いました。絵が綺麗で、観賞価値あり。
話も割と面白い。(絵が綺麗だけど話がおざなり・・というのもあるからね)
魔法使いが出るファンタジーです。
限られた人しか魔法使いになれない世界、田舎に住む少女ココは魔法に憧れていた。
しかし、ある日、魔法を使う様子を覗き見てしまい・・。絶望と希望の物語らしいので、ココはいばらの道を歩む事になるのでしょうか。


「ストラヴァガンツァ~異彩の姫~」6巻(冨明仁) ハルタコミックス
異彩の姫6
一応の最終章、多くの犠牲を出して戦いは終結しました。全く意思疎通が出来ない相手に、愛を訴えても無駄だった・・という後味悪い結果になったかな。
10年後のエピソードは幸せそうで良かった。
この後に出るであろう番外編は、巡警隊の1次隊が主役らしいので、あの人のなれそめはそこで語られるかな?ちょっと楽しそう。本が出たら買います。

「夏目友人帳」22巻(緑川ゆき) 花とゆめコミックス
夏目22
妖の定宿、ニャンコ先生と男の子の話、夏目の友人・西村の話、レイコさんと友人帳の始まりの話、的場さんの特別編の5つの話が収録されていました。どれもバラエティに富みつつ、いつものようにほっこりじんわりするいい話ばかり。
定宿の話は泣けたでも、良かった~。レイコさんの話も悲しかったなあ。西村はいいやつですねえ、いつか秘密を打ち明けられるといいね。


「魔法使いの嫁」6巻(ヤマザキコレ) マッグガーデン
まほよめ8
短命だと言われてるのに無茶ばかりするチセにキレ気味になったエリアスが、とんでもない行動に。そこにカルタフィルス(ヨセフ)の陰謀が絡んで、チセはエリアスの前から姿を消してしまう・・。
一緒に居たいと互いに望んでいるのに、擦れ違う2人・・どうしたら良いですかねえ。

「理想のヒモ生活」9巻(渡辺恒彦) ヒーロー文庫(これだけ小説)
ヒモ生活9
図書館で借りて読んでいたライトノベル。続きが待ちきれずに、つい買ってしまった!
異世界の女王に乞われて婿入りした、元ブラック企業のサラリーマン・ゼンジロウ。子作り以外は何もしなくて良いと言われてたのに、妻を愛するあまり、働いてしまう勤勉な王配となってしまいましたよ。今回は身重の妻の為に外国を訪問中。特殊な血筋の彼にはあちこちが側室を押し付けようと画策するのだが、ゼンジロウは妻一筋。こういうライトノベルではハーレム設定になるのが普通?ですが、こういう主人公は珍しい。メイドがアレなのはどうかと思いますが、それ以外は面白い。続きも楽しみにしてます。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント