大吉!

おひとり様が、あちこち徘徊してます。

「スターウォーズ 最後のジェダイ」

最後のジェダイ


(12月27日・TOHOシネマズ・レディースデー・吹き替え版)
ギリギリまで「鎌倉ものがたり」か「仮面ライダー~」かと悩みましたが、映画館に到着した時に、ちょうど入場が始まってた「スターウォーズ最後のジェダイ」を観る事にしました。
吹き替え版。

賛否両論だという話は聞いていました。
何か違う展開になってるらしいな、と思いつつ鑑賞。
前回(は、違うキャラの話だったのでその前、エピソード7ですね)から時間がたっているので、思い出さなくてはなりませんでした。
7からSWは、女性のレイが主人公。
敵役がダースベイダーの孫のカイロ・レンと、3世代目に入って来ました。
今の所、年代的には一番新しい時代です。
前作のローグワンは1作目の前の話だったりするし、エピソード1~なんかはもっと前のルークの親の代の話ですからね。

レイが伝説のジェダイ・ルークの元を訪れるシーンで終わった続きなので、どうなるかと思ったのですが・・。
あんまり見たくない展開を見せてくるんじゃないかと予想して、出て来たけどブツブツごねるだけの偏屈なジジイのルークなんかが出て来るんじゃないかと思っていました。まあ、だいたいその通りだったね。
私はそんなにルークをヒーロー視していなかったので、実はもう半分ダークサイドに足を突っ込んでそうな様子を見ても、それほどガッカリはしませんでした。
情けないなあと思いはしても、にんげんだもの。

レイとカイロ・レンが特別な結びつきを持っていて、引かれあうから。
どっちがどっちに行くか分からないのね。
父を殺し、母をも殺そうとするカイロ・レンは祖父のダースベイダーになろうとするけれど、まだ時々迷いが見えます。
完全に暗黒面に堕ち切れていないのか。
自ら堕ちる事を望んでいるというのにね。
ラスボスにしては、繊細で不安定なキャラクターです。

1作目のキャラクターは、これでほぼ居なくなりました。
レイア姫は中の人が死んでしまったからね~。
完全に代替わり、世代交代。
それはそれでいいと思う。
それにしても、人が死に過ぎ。
爽快感というのはあまり無い映画でしたけど、私は面白かったです。

動物がカワイイんですよね。
ファルコン号に住み着いた鳥みたいのとか、氷のキツネさんみたいのとか。
チューバッカも相変わらずかわいい~。
満足でした。
関連記事

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<大晦日です。 | 大吉! | 秋アニメも終わりですね。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 大吉! |