大吉!

おひとり様の日常。
TOPおでかけ ≫ 「内牧温泉日帰りの旅」(3)

「内牧温泉日帰りの旅」(3)

<土曜日>
阿蘇神社から30分ほど、どんどん山の方へ走って行きました。
小学生の頃、来たはずですが、全然覚えていません。

阿蘇山へ

眼下に街並みが見えてきました。
くるりと山に囲まれた土地である事が分かります。
外輪山というのはこれかな?

そのうちに見覚えがある景色が見えて来ました。
草千里
馬乗り場があったから、ここが小学生の頃来た場所じゃないかと思います。
池なのか、浅そうな水がありますね。
これより下の方には絵葉書でよく見る綺麗な形をした丘?山かな?がありました。
11月なので枯れ草でしたが、春や夏は緑が綺麗だろうなあ。
下の方には牛も放牧されていました。

ロープウェイ

16時頃、到着したロープウェイ乗り場。
山頂までロープウェイで行くのですが、1000円かかります。
どうしようか迷ったんですよね~。
でも、昔行った時に「何も無かったなあ」と、1000円の価値が見いだせなかったのでパスする事に。
売店をウロウロしてお土産を物色。
晩御飯代わりに缶コーヒーと「いきなり団子」(130円?)を買って食べました。

あと、辛子蓮根(スティックタイプ・200円)1本食べたかな~。
それで夕食にしました。


これ何?
この建物何だろう?と思ったら、トイレでした!

17時に登頂組が帰って来ると、後は帰るだけ。
寝不足な事もあって、爆睡してたら20時55分くらいに長崎に着きました。
終バスで帰って来ましたよ。

自分用のお土産。
おみやげ
阿蘇神社で引いた「幸福みくじ」(中のアイテムは、”打出の小槌”でした。200円)。
「やせうま」というのは、小麦粉で作っている素朴なオヤツです(350円)。
きしめんをきな粉で食べてる感じ(笑)。
名前の由来は馬じゃなくて、八瀬(やせ)という女性が若様にせがまれて作ってたおやつだったので、「八瀬、うまが欲しい」(うまっておやつの事らしい)から「やせうま」という名前になったらしいです。

天気に恵まれて、まあまあの旅でした。
でも日帰りのツアーって、忙しいなあ。

草千里辺りは夏の豪雨被害がまだ残ってて、道が崩れていたり、大きな地割れがあったりしていました。
(牛が落ないか心配しちゃったよ!)
山肌にも引っ掻いたみたいな筋が付いてて、雨で削られた傷だそうです。
そこらはちょっと、痛ましく感じましたね・・。


というわけで、内牧温泉日帰りの旅、でした!

(おわり)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL