大吉!

おひとり様が、あちこち徘徊してます。
<< 2019Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

cup 「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」

2012.12.15 Sat
<土曜日>
ダニエル・ラドクリフ
(12月14日・TOHOシネマ・会員デー・字幕版・17時30分~)

弁護士アーサー・キップス(ダニエル・ラドクリフ)は、4年前に愛妻を亡くして以来、失意のどん底に沈んでいた。そんなある日、事務所の所長から命じられた彼は、田舎町クライシン・ギフォードへの出張に旅立つ。アーサーに課せられたのは、最近他界したアリス・ドラブロウ夫人の“イールマーシュの館”に赴き、彼女の遺言書を見つけ出すことだった。ところが館には、謎めいた“黒衣の女”が森や窓辺に出没し・・。やがて彼は、この館の忌まわしい過去と、町の子供たちが相次いで変死している事実を探りあてた。

予告が怖そうだと思って行ったんですが、これがなかなかマジに怖かったです。
アーサーが訪れたイールマーシュの館は沼?というか、干潟みたいな所のど真ん中に佇む、遠目にはモン・サン・ミシェルみたいな場所でした。
周りは何もなく、満ち潮?で水没する道が1本、くねくねと続いているだけです。

良くありますが、村の人々は口が重く、アーサーを何とか追い返そうとする。
始めは不吉な事を隠そうとしているだけかと思ったんですが、後になって村の子供たちが大勢、謎の死を遂げていることを知る。
村人がアーサーを追い出そうとするのは、館に人が近づくと子供が死ぬからなのでした。

イギリスの映画だという事で、アメリカ的な驚かすだけのホラーじゃなく、Jホラーに通じる暗く陰鬱でじわじわと怖いゴシックホラーでした。
黒衣の女もちらっとしか現れないけど、これが本当に怖い。
そしてその度に、理不尽な悲劇が繰り返される。
アーサーは彼女の呪いを解こうと、村の資産家デイリー氏の協力を得て懸命に行動するんですが・・。

あの強力な呪いはJホラーの「リング」の貞子、「呪怨」の伽耶子に匹敵しますね。
子供の死体を引き揚げるシーンとか、リングで古井戸を捜索するシーンを彷彿とさせます。
あれだけ何とかしてやろうとしても、呪いが消えることが無いのも同じ。
そ、そんな終わり方なのか~と慄いてしまいましたよ。

ホラーとしては、面白かったです。
ラドクリフ君も、これでハリー・ポッターのイメージを脱却出来たんじゃないかと。
不気味な館でただ1人、怪異と向き合う弁護士の恐怖と緊迫感が良く出ていました。
見てる私もびくびく。

いい人のデイリー氏と、お利口なワンコちゃんが死ななくて良かったけど・・。
あの恐怖の物語で唯一の癒しは、ご主人の命令で館に同行してくれたワンコでしたよ。

他のお客さん(女の子達)も「思ったよりずっと怖かった~」と話していました。
館のムードとか物凄いし、ホラー好きな人にはオススメ出来ると思います。

人影を目撃した部屋の窓にアーサーが立って外を覗いた時、下から窓を見る映像になるんですけど、アーサーの顔の横にちらっと白い顔が浮かび上がる(アーサーは気がついていない)のがゾクゾク~でした。

関連記事

  • ジャンル : 映画
  • スレッドテーマ :

COMMENT



ADD COMMENT












TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://rionnouji.blog.fc2.com/tb.php/179-5c537ddc

12-100.ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館■原題:The Woman In Black■製作年・国:2012年、イギリス・カナダ・スウェーデン■上映時間:95分■観賞日:12月15日、新宿ピカデ
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 From だらだら無気力ブログ!
雰囲気は良かったけど、あんまり怖くはなかったな。
正統派幽霊屋敷。 最近「主人公が実は・・・」ものが多いので、いろいろ疑ってかかったのだが違ったね(これもネタバレか)。 謎の子供の死。屋敷で起こる不可思議な現象の数々。
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 From 新・映画鑑賞★日記・・・
【THE WOMAN IN BLACK】 2012/12/01公開 イギリス/カナダ/スウェーデン 95分監督:ジェームズ・ワトキンス出演:ダニエル・ラドクリフ、キアラン・ハインズ、ジャネット・マクティア、リズ・...
「ウーマン イン ブラック」☆丑三つ時の恐怖 From ノルウェー暮らし・イン・原宿
ハリポタ卒業のダニエル・ラドクリフが、すっかり大人になって戻ってきた。 もみ上げの長さ分成長したラドクリフの、渾身の一人芝居が見事。 時代物の屋敷で展開する極上のゴシッ
4年前に妻を亡くし息子とロンドンで暮らす若き弁護士アーサーは、上司から田舎町クライシン・ギフォードでの遺産整理業務を命じられる。 街の住民は皆よそよそしく、沼地にそびえ
『ウーマン・イン・ブラック』 2012年11月27日 なかのゼロホール From 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
『ウーマン・イン・ブラック』 を試写会で鑑賞しました。 ホラーはちと苦手なんだけど、なかなか良い感じの映画だった けど、苦手は変わらんよ 【ストーリー】  19世紀末のイギリ
許さないわよ 黒衣の女公式サイト http://www.womaninblack.jp原作: 黒衣の女 ある亡霊の物語 (スーザン・ヒル著/ハヤカワ文庫)脚本: ジェーン・ゴールドマン  「キック・ア
「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」のダニエル・ラドクリフ主演で贈るゴシック・ホラー。19世紀末、他界した大富豪の遺産整理のため、イギリスの田舎町に赴いた弁護士が“黒衣の女
『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフが主演するゴシック・ホラー・ムービーです。ハリポタ以外でダニエル・ラドクリフを観るのは『ディセンバー・ボーイズ』以来 ...
プロフィール

岬csc

Author:岬csc
岬CSC 長崎県在住 女性

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR