大吉!

おひとり様が、あちこち徘徊してます。
<< 2019Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

cup 「ビブリア古書堂の事件手帖」

2013.01.31 Thu
<木曜日>
あんまりドラマを見ない私が見ている、数少ない新作ドラマが月9の「ビブリア古書堂の事件手帖」です。
主演は、剛力彩芽&AKIRA。
剛力演じる古書堂の主・栞子は、古書を見ただけで、持ち主の事を言い当てる推理力を持つ女性。
大輔(AKIRA)は、亡くなった祖母の遺品である本を査定してもらおうと古書堂を訪れたが、夏目漱石全集のサインが入った1冊だけが別に買った物だという指摘を受ける。
サイン本かと思って期待していた大輔だが、サインも偽物だと分かり、ガッカリ。
栞子は「おばあ様のプライバシーに関わること」と前置きして、その謎を解き明かして行く。

本のミニ知識とか、古書店の事とか知れて興味深いです。
せどり屋(掘り出し物を探して転売するのを商売にしている人)とか良いなあ!してみたい。
大輔は結局、古書店に店員として就職するんですが(アルバイトかもしれないが)、あんな暇な店でやっていけるのだろうか?いつも客が居ませんが(笑)。
竿竹屋が潰れないのと一緒かな?

栞子みたいな、おっとりし過ぎな女性は、見てると(##゚Д゚)イライラするんですが、別に嫌いじゃないぜ!
剛力彩芽・・ただ個性的な顔してるなあと思っていた女優さんでしたが、ドラマを見ている内にすごく可愛く見えてきました。
AKIRAはEXILEですよね?
最近、歌以外で活躍しているメンバーも増えて来ましたね~。

甘味屋のマスターが何だか面白い。
3話の「頑張れェ」が、本当に心がこもってないガンバレで笑えました。
3話の夫婦の話は、心が暖まるいい話でした。可愛いな奥さん。
関連記事

COMMENT



ADD COMMENT












TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://rionnouji.blog.fc2.com/tb.php/221-9290f26c

プロフィール

岬csc

Author:岬csc
岬CSC 長崎県在住 女性

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR