大吉!

おひとり様が、あちこち徘徊してます。
<< 2019Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

cup 樺島灯台

2013.04.17 Wed
<火曜日>
元同僚のAさんSちゃんと、野母崎樺島の樺島灯台に行ってまいりました。
Sちゃんがドラマで見て(撮影があったらしい)一度行ってみたかったそうで。
Sちゃんの車に皆で同乗して、大きな赤い橋を渡って樺島へ。

灯台の所は公園に整備されてて、多分近くまで車で行けるはず。
私はすごく昔に一度、行った事があるんですが・・ほとんど記憶がないので、ほぼ初めてみたいなものですね。
かなり入り組んだ狭い道を、道標を頼りに山へ登って行きます。
ここ、徒歩だと1時間かかります・・☆
島の端から端まで縦断するコースですからね!3~4キロくらい?

「結構遠いねー」と言いつつ、進んで行くとどうやら公園の駐車場に到着。
公園内はツツジが咲いていました。
よく見ればそこここに桜もあって、もう全部散ってましたけど、満開だったら桜のトンネルだったでしょう。
そういえば道沿いにも桜が植えてありましたから、結構な桜の名所のようです。
「これは桜の時期に来なくちゃねえ」と言い合いました。

toudai

ちょっと曇ってて蒸し暑い感じの天気でしたね。
風は強かったです。
灯台は入れないので、外から見るだけ。

nannjixyamonnjixya
そばにあった「ナンジャモンジャ」の木。
けったいな名前です。

tennboudai
灯台のそばから見た「展望台」(中央の山の上部分に見える・・)
看板を見ると「徒歩5分」と書いてあるので、「せっかく来たから行ってみよう」と階段を下りてゆく事にしました。
この山を降りて、あの山頂に上がった所ですね・・5分だけど全部階段☆
最近、だらだらして過ごしてたので足がプルプルしましたよ~。
筋肉痛になるかも~。
生憎、曇っててモヤってて、近くの野母地区さえも霞んでいました。
天気が良ければ絶景だった筈、残念!

公園に戻ってくると11時半過ぎ。
イイ感じに空腹になって来たので、麓にあるレストラン「どうまん」で昼食会をしようという事に。
休憩しつつAさんとそんな話をしてると、1人、アクティブに動き回っていたSちゃんが「ズザーッ!」と豪快に斜面を滑り落ちていました・・。
大人が、あんな綺麗に滑り落ちるのを見たのは初めて(笑)。
(ツワを摘んでました・・さすが山育ちね!)
後、私が、頭に乗ってるのに「帽子忘れた!」と言い出して、「Mちゃん大丈夫か!?」と笑われたり。

帰り道を間違って、「これって何処に出るの?」状態になったりしましたが、間違った地点を覚えていたので、そこまで引き返して何とか元のコースに戻れました。
集落まで戻ってきた時にはホッとしましたね。

後は道標を頼りに「どうまん」まで。
隣に「大ナマズ井戸」があるそうなのですが(マスターが、そこの管理人も兼ねています)まず空腹を満たさなければ!
静かな集落の中を歩いてると、本当にこの先にレストランなんかあるの?という不安が頭をもたげて来ましたが、(私たち、ほとんど不審者・・)やっと看板が!!(嬉!)

お腹ペコペコの私たちは、名物トルコライスを注文しました。
相変わらずデッカイ皿で供されるトルコライスですが、ぺろりとたいらげました。
私はクリームコロッケトルコライスを注文、サービスでコーヒーつけて貰いました。
そして更にフレンチバニラのソフトクリームまで食べたよ!

お腹いっぱいになった後、向かいにある井戸に行きました。
今は水槽で、うな次郎くんと、うな子ちゃんが暮らしています。
先代のうな太郎くんには、立派な墓が建っていました。
さて、水槽に居るオオウナギ達は・・・でっかい!!

unako

これは、うな子ちゃんの方。
水槽内にある筒(小さな煙突くらいの太さ)にみっちりぴったりの太さです。
何とふとましい・・(笑)。
寝床というより、ほとんど腹巻ですな!

「おおっ、何とブサイクな」とSちゃんが言った途端、ぶわーっと動いてましたよ。
「え~、かわいいじゃない」と私は思うんだがなー。
うな次郎くんはシャイなのか動かず、顔も上げてくれませんでした。
太さは1回り細かった・・どうやら女性上位のようで。

帰りは家の前まで送ってもらいました。
私の送別会だったので、御飯はおごってもらったよ!
どうもありがとう!
また何処かに行こうね!!


関連記事

  • ジャンル : 日記
  • スレッドテーマ :

COMMENT



ADD COMMENT












TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://rionnouji.blog.fc2.com/tb.php/286-839ee1e9

プロフィール

岬csc

Author:岬csc
岬CSC 長崎県在住 女性

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR