「小さき勇者たち~ガメラ~」

2011.08.18 23:49|過去の映画ログ
(2006年6月1日)
「小学生の相沢透は最近母親を事故で亡くし、父親の孝介とは以来どこかギクシャクしている。そんなある日、透は生き物の卵を見つけた。卵はほどなく孵り、中から出てきたのは愛らしい子亀だった。透は子亀をトトと名付け、トトを育てることで悲しさを紛らわせる。」(映画紹介文より)


何を観るか悩んで「一丁久しぶりにガメラなんて観てみるか?!」と、この怪獣映画を観る事にいたしました。
ガメラの映画なんですが、どちらかというと動物と子供の純粋な友情物という感じのお話しで、不覚にもクライマックスでトト(ガメラ)に赤い石(トトの卵の下にあったという事は栄養素みたいな物だったのかも。
これが無いとガメラにはなれないようです)を渡す為に瓦礫の街を走る子供達の姿に、ジーンとしてしまいました。

ガメラが最後まで結構、可愛かったです。
赤い石を得たら、怪獣らしい顔付きになるんじゃないかと思ったんですが。
生まれたばかりのトトが、また可愛かったですねえ!
あれが本物のカメか作り物なのか、見ながら迷ってましたが一応本物のカメだったようです。
それにしては上手い演技だったです。
あ、でも透君、あれって陸亀だと思うから海に逃がされても困ると思うぞ?

敵の怪獣が人間を追い詰めて、バクバク食べるシーンには青ざめました~。
友達の弟の方が巻き込まれてて、多分目の前で人が餌食になるのを目撃して自分も食べられそうになってた訳で、心的外傷を心配してしまいましたよ~。
そんなでも「トトを助ける!友達だもん!」という弟君がいじらしくて涙でした。

子供達が皆可愛かったなあ!
透くんや彼の親友の兄弟や、隣りの年上のお姉ちゃんや、トトを助ける為に走ってくれた見ず知らずの子供達も。
「小さな勇者たち」ってのは、あの子供達の事を表しているのだな。
それだからガメラは、子供達を愛しているんだなと、思いました。

気になった所、「あ、ケロロ軍曹!?」「自衛官の中にゴローちゃんが居る!!」(龍騎の由良吾郎役の彼)
「名古屋駅前が大変な事に!?」(去年行ったので見覚えがありあり)と、まあ、色々楽しかったです。
ところで透くんはトトに何を食べさせてたの?餌をやるシーンがなかったけど?

関連記事
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

岬csc

Author:岬csc
岬CSC 長崎県在住 女性

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR