「明日の記憶」 

2011, 08. 18 (Thu) 23:53

(2006年6月7日)
「広告代理店に勤める佐伯雅行は穏やかな幸せに満ちていた。そんな彼を突然襲う<若年性アルツハイマー病>。こぼれ落ちる記憶を必死に繋ぎ止めようとあらゆる事柄をメモに取り、闘い始める佐伯。そんな夫を懸命に受け止める妻、枝実子。彼女は共に病と闘い、来るべき時が来るまで彼の妻であり続けようと心に決める―。」(映画紹介文より)


あちこちでウルウルッとしながら観ていたんですが、感動の何のと言う前に自分に置き換えて考えてしまい「私は枝実子さんみたいには出来そうもないなあ・・」と、ちょっと暗くなったりしました。
アルツハイマーって大変・・。
及川ミッチーが精神科医役で出てましたが、自殺を図りそうになった佐伯に呼びかけるシーンがなかなかの熱演で良かったです。
印象深かった。
佐伯の部下も皆良い人ばっかりで、仕事関係の人達もいい人で、大きな仕事を手がけている途中なのに半ばで後輩に託さなくてはならなくなったのは辛いなあ。

大滝さん(キン○ョールのCM好きです)が、いい味出してました。
エロジジイがまだ生きてたとは驚きましたよ(笑)。
いや、でも佐伯の見た幻覚かもしれませんけどね。

何だか無駄にCGが使われてました(笑)。

話しが話しなので何の結論も解決もないのは、仕方ないです。
奥さんが本当に大変・・。
やはり愛がないとねえ。
夫婦の愛は偉大だわと思いました。
私は愛を持った事が無い人なので、とてもとても。

ヒットしてるんですね。満員に近かったですよ!
映画館に入ったら凄く人が多くて、あんなに年配の女性が詰め掛けたのはヨン様の映画以来です。
関連記事