「ポセイドン」 

2011, 08. 18 (Thu) 23:58

(2006年6月8日)
北大西洋を航海していた豪華客船ポセイドン号では、新年のパーティーが華やかに行われていた。その時、船を大波(ていうか、津波?)が襲う。転覆して逆さまになってしまった船内から命を掛けた脱出が始まった・・。


「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイクだそうです。
旧作は何度も観たので、つい比べてしまいますね。
う~ん、人間ドラマの部分がぼやけた感じが・・。
転覆のシーン、人が死ぬ所は凄くたっぷり見せて貰ったんですが(あんな死に方は嫌~!)
その分、キャラが薄まった感じで登場人物の見分けが付きませんでした。
おかげで愛着も持てず、感情移入も出来なかった。
旧作の方が見応えがありましたね。

観ながら「誰が生き残るかなあ」と予測を立てたんですが、ことごとく外れましたね。
元市長の娘が「オペラ座の怪人」のヒロイン役の女優でした。
すぐ分かりました。ケロンパに似てるんだもの(笑)。
思わず「こんな役をやらなくったって・・勿体無い」と呟いてしまったのは、私がこの映画を3流だと判断したせいだと思われます。
元市長は頑張ってました。苦しそうだったな~。

最後まで飽きる事無く観られたんですが、終わり方があっけなかったよう!
余韻って物があるでしょう~?そういう訳で、映画としてはそこそこでした。
関連記事