「SHERLOCK ピンクの研究」(漫画・Jay.)

2013.09.06 23:32|本の感想など
51BpeqXAPKL__SL500_AA300_.jpg
         (2013年8月3日初版・角川書店)

「シャーロック・ホームズが現代に甦る! スマホを駆使し、圧倒的な推理力で犯人を追い詰めるシャーロックと、軍医・ワトソンのコンビが世界中で話題となった、BBC制作の現代版ホームズがついにコミック化!」

某ブロガーさんが面白いとおっしゃっていたので、NHKで放送されたドラマを録画して観ました。
噂に違わず、凄く面白かった!
現代版ホームズって以前にも映画?であったような記憶があって、それはイマイチだったような気がするので、あんまり期待しないで見たんですよ。
でも、大柄で背が高くて顔の長いカンバーバッチ演じるホームズが素敵過ぎ!
どことなく品の良さを感じる顔立ちと薄い色の目が~
スマホを駆使しつつ、大声の早口でまくし立てる頭いいけど変人のホームズにやられちゃいましたよ!
そしてもちろん、常識人っぽいワトソン(ここのは本当にっぽいだけで、心に闇を抱えてるような?)との、性格の違いによる衝突が楽しいのです。

これはそれのコミカライズ。
表紙の絵が凄くカンバーバッチに似ていたので、気になっていましたが、楽天ポイントが溜まっていたので、それで購入する事にしました。
ストーリーは、ほぼドラマのまんまです。

自らを「高機能社会不適合者」と断じるホームズですが、その高機能ぶりを褒められた事はあんまり無いらしく、ワトソンの素直な賛辞にちょっと嬉しそうで・・カワイイ奴め!と思ってしまいました。
あんな外見の割りに、可愛いんだから堪んねーなっ

作中でハドソンさんにカップルに間違われたり、レストランに2人で入ったら、気をきかせた店主から”キャンドルでロマンチックに”されたりするシーンがあって、何とも言えない表情のワトソンに大笑い。
ホームズまでノって、そういうのはちょっと・・なんて言って、ワトソンに怒られてましたが、まさか本気でそう思ってた?(笑)まさかね~

実直なワトソンをどんどん好ましく思っていく様子が見えて、ホームズのこういう子供みたいな所が本当に可愛いんですよね。
冷静な頭脳と裏腹に情緒面で未発達というか、異端なところが彼の魅力。
それをカバーするのが常識人のワトソンで、そこがこの作品の萌えポイントでもあります。
情緒というか性格的に問題ありなホームズ(捜査の為なら手段を選ばない所は、もう悪人と紙一重!非道!)を排斥する事ないワトソンは、ホームズに取って無くてはならない人になって行く訳ですな。

クライマックスは、ドラマで見た時も、ちょっと驚きました。
でも、良く考えれば確かにそれしかないんだよなあ。
いやいや、でもこんなの怖いわ~。
(ドラマの3話目も怖かったけど!)

腐の目線で見ても、かなり楽しい漫画ですが、普通に読んでも面白いと思います。
他の話は漫画化しないのかなー?

関連記事

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

岬csc

Author:岬csc
岬CSC 長崎県在住 女性

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR