大吉!

おひとり様の日常。
TOP過去の映画ログ ≫ 「ゲド戦記」

「ゲド戦記」

(2006年8月9日)
観に行って来ました!「ゲド戦記」。
見終わっての印象を一言で言うと、”予想よりかなり地味”?

シリーズの途中を映画化したという事もあるんでしょうが、世界観とかゲド(ハイタカ)とテナーさんとの関係についても良く分からない・・おそらくゲドが若い頃を映画化したのなら、ヒロインだった人だろうとは思います。何だかいいムードだったし。

私は原作を読んでいないので、ストーリーとしてはどうなのか判断できません。
いっそシリーズ化した方が良かったのでは?
あれだけ見せられても分かりませんよう。
いっそ3部作にしてしまえ!

アレンはナイーブ過ぎっていうか、危ういったらない子でしたね。
自信無さ気で弱々しいのに突然凶暴化したりして、本当に不安定で・・最近の少年犯罪を連想しましたよ。
あんな様を見せられたテルーがアレンを警戒する訳です・・当然ね!
でも父との確執とか、もっとちゃんと見せてくれたらなあと思いました。
見てて「何で~?」と思うほど唐突でしたもん。

唐突といえばテルーが○○だったのもそうでした・・。
何がどうなったのか、暫く分かりませんでしたもん!
テナーさんはそうと知っていて、テルーを引き取ったのでしょうか?
あんまり驚いてませんでしたけど。
そうするとテルーが親から顔を焼かれて捨てられたという話の真偽は?
その親って、何者?
多分、それまでテルーには記憶が無かったのかも知れませんが・・そうと分かって後はどうなんでしょうか?
謎が一杯・・。


うう~ん、何だか萌えが無かったというか・・「華」が無かったような?
ジブリ・アニメってそれなりに華があったと思うんですね。どれでも。
この地味~な感じは何だろうと思いましたよ。
テルーが歌っているシーンも、せっかく歌が素敵なのに画面がおざなりっていうか、単調で残念でした。

監督は1作目という事なので、これから頑張ってください。

関連記事
過去の映画ログ | Comments (-) | Trackbacks (-)