2011.08.23

「イルマーレ」

(2006年10月11日)
研修医ケイトは新しい病院に赴任するために、湖の家から引っ越す事になった。愛着のある家を去るのが心残りなケイトは、次の住人宛に手紙をしたためる。
湖上の家にやって来たのは建築士(訳あって現在は現場監督?)のアレックス。ケイトの手紙を見つけて、暫くやり取りをする内にケイトが2006年に生きているという事を知る。何とアレックスの時間は2004年なのだった。時空を越えた交流は続き、2人はやがて恋に落ちるが・・。


キアヌ・リーブス&サンドラ・ブロック主演のラブストーリーです。
湖上に支柱で支えられて建つガラス張りの家は、中央の吹き抜けに紅葉する木が植えてあったりして(天井は開閉自在)なかなか素敵。
回りから室内が丸見えですが、湖がそのまんま見渡せるので眺めは最高。
家の郵便受けに届く2年後からの手紙。
2人は2006年の明日、レストラン「イルマーレ」で会う事を約束するのですが・・。

ケイトは「イルマーレ」で待つが、アレックスは遂に現れなかった・・というのは想定内。
何でも元は韓国映画のリメイクだそうですし、有りそうです。
普通に考えればアレックスの身に何かがあったと考えるのが自然。
ベタな展開だと来る途中に事故に遭うとか~と思っていたら、ビンゴ?!(ちょっと違うけど)。
このまま悲恋で終るのかとドキドキしました。
あの時、アレックスが茶色の上着を着てたら不味いなあと思ってたら、案の定だし。
チラッとしか見えなかったけど、茶色の上着を着てるのは分かった。
何の意味も無く、あんなシーンが入る訳無いしね。

途中、アレックスは何度かケイトと会います。
しかし、2004年のケイトはアレックスの事を知らないので何も言えないのでした。
う~ん、もどかしいっ。
アレックスの家に迷い込んで来た犬のジャック(でもメス)は、そのまま居ついて、家とともにケイトに受け継がれていました。
犬がセットで付いてくる家ね!
見た目はショボイですが、お利口さんで、演技も上手かったなあ!ケイトのチェスの相手までしてましたよ!

うう~ん、思ったより面白くならなかったなあという感じかな?
韓国版の方を観てみたかったです。

関連記事

 | HOME | 

プロフィール

岬csc

Author:岬csc
岬CSC 長崎県在住 女性

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR