「レディ・イン・ザ・ウォーター」

2011.08.23 21:36|過去の映画ログ
(2006年10月13日)

シャマラン監督の一風変わったファンタジー映画です。

変人揃いの住人が住むアパートの管理人をしているクリーブランドは、誰も居ない筈の夜中のプールから水音がする事に気が付く。プールに潜んでいたのは”ストーリー”と云う名の不思議な女性。彼女は実は「水の精」で、ある人物に会い、人間の世界を変える為に来たのだという。そして、その彼女を亡き者にしようとする存在も近くに潜んでいた。

ストーリーがあまり語らないのに(水の精で人に会うために来た、それが誰かは分からない。その人に会うと心に変化が現れて、いずれその人は人間の世界を救うだろう・・という感じのこと)クリーブランドが先回りしてストーリーを助けて使命を果たせるように動き始めるんですが・・人並み外れたいい人?
確かに、ストーリーを付け狙うバケモノも目撃してるんですが、住人の東洋人のおばさんが知ってるという伝説を元に「守護者・治療者・職人」を探そうとしたり・・それって有りかなあ~と少し違和感を感じつつ観ていました。
まあ、信じないと話も進まないんですが。

とにかく前半はそれらしい描写もあまり無かったので、ファンタジーかどうか分からない感じだったんですが(バケモノは出てましたけど)後半はやっとそれらしく・・でも、殆んど何も見えませんでしたよ!
せめてストーリーが元の国に帰った後の画が欲しかったよなあ。
決戦も何だかウヤムヤでしたし~。
お金を掛けてないファンタジー映画でした(笑)。

クリーブランドが本当にいい人でしたね。
彼には家族をいっぺんに喪った辛い過去があって、途中、「家族に会いたい・・今、天国に居るのか?」と泣くシーンには思わず貰い泣き・・。

でもちょっとパンチが足りない~。
ビミョーとしか言いようのない感じでした。
中途半端?というのかなあ。
私としては、物足りなさが残りました。


関連記事
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

岬csc

Author:岬csc
岬CSC 長崎県在住 女性

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR