「ゆれる」

2011.08.23 22:04|過去の映画ログ
(2006年11月9日)
監督・西川美和、主演・オダギリジョー&香川照之。
いつも渋い映画を掛けてくれる、セントラル劇場にて鑑賞。

母の一周忌に田舎に帰省した猛(オダジョー)は、実家で父と暮らしている兄の稔(香川)と再会する。
幼馴染みの智恵子(真木よう子)と3人で思い出の渓谷にドライブする事になるが、猛が離れた後、智恵子が吊橋から転落して死んでしまう。
その時、一緒に居たのは兄の稔だけだった・・。

う~ん、観終わった時に「ビミョ~」と呟いてしまいました。
稔が智恵子を殺したのか、事故だったのか。
かなり後までハッキリしませんでした。
初めから猛が「目撃していた」と証言すれば一番良かったというか、早かったよなあ・・と思うんですが。
何故、見なかったと言い張っていたのか、分かりませんでしたね。
(本当に目撃はしてたようです。
観客にはそのシーンは見せなかったので、事実がどうだったのかは稔と猛しか知らない)

自分が殺したと自白した稔は逮捕されて、裁判に掛けられるんですが、初めは殺したと言っていたのに後半になると「殺すつもりはなかった」と証言を翻し、そこらから兄弟の間に不信感というか・・変なムードが漂い始めるんですね。
だからって何故、猛があんな証言をしたのか、理解できません。
ていうか、猛があんな事しなければ、あんな事にはならなかったのでは?と思うんですよね~。
だいたいお前さんが元凶だろ?

稔役の香川氏の演技は上手かったです。
善良で働き者で優しい、多分近所に聞けば「とても親切な人、そんな事をするとは思えない」と口を揃えるでしょう。
でも背中越しにちらつく鬱屈した感情が恐かった。
智恵子が酒飲みだったろうと聞いた時は絶対、カマを掛けて来た!と直感しましたよ。
後から気が付いた猛も愕然としてそれが兄への不信感になったようですが。

智恵子にしても稔にしても「自分は田舎でつまらない人生を送っているのに、猛はズルイ」なんて考え方をしていたようでしたけど・・そんなに田舎は嫌かい?
田舎に居るとつまらない人生しか無くて、都会に出れば誰でも幸せなのかい?と思ってしまいました。
まあ、人の価値観はそれぞれですが。
そんな事ばかり考えてたら、本当につまらない人生にしかならないよ?

結局、稔が猛を許したのか、許さずに兄弟の絆は切れてしまったのか?わかりません。
何か心に棘が引っ掛ったまま終った映画でした。

関連記事
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

岬csc

Author:岬csc
岬CSC 長崎県在住 女性

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR