大吉!

おひとり様が、あちこち徘徊してます。
<< 2019Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

cup 蝙蝠

2014.05.03 Sat
仕事中、女性に「あれってコウモリですよね?」と声をかけられました。
指差す方を見ると、建物の入り口辺りに黒い物がぽつんと落ちています。

「コウモリ?」
「ここらへんって、コウモリ居るんですか?」
「居ますよ」
(うちの辺りは夕方、お墓の上を大量のコウモリが飛び回っているもんね)
なんて、話をしながら近づくと、確かにコウモリでした。

小さかったから、子供だったのかも。
飛ぶのに失敗して墜落しちゃったかな?
息をしていたので、女性の希望通り木の陰に連れて行きました。
あんな野生動物は素手で触ると危険なので、持っていた新聞紙で包んで。

良く見えないと思うけど・・
体長は4~5センチというところ。
顔を隠してますが、目は良く見えないくらい小さい。

木につかまらせてあげると、自分でよじ登りましたので、骨が折れてるとかは無いようです。
そのままして来たけど、無事に帰れたかな?

女性は気になるようで、私がコウモリを木につかまらせるのを見届けてから、去って行きました。

昔コウモリは触った事があって(その時も落ちていたのを拾った)薄い膜なのに羽が暖かいのが、変な感触でした。
毛並みはネズミとそっくりですね。

関連記事

  • ジャンル : 日記
  • スレッドテーマ :

COMMENT



ADD COMMENT












TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://rionnouji.blog.fc2.com/tb.php/600-f0757b01

プロフィール

岬csc

Author:岬csc
岬CSC 長崎県在住 女性

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR