大吉!

おひとり様が、あちこち徘徊してます。

Entries

「アンストッパブル」

録画してたままの映画を観ました。
他にも観てないのが何本か入ってるんだよねえ。

数年前、アメリカで本当に起こった事件を元にした映画だそうで、そういえばそういうのを聞いた覚えがうっすらと。
「今、アメリカで列車が暴走しています」とか、ニュースでちらっと言ってた気がする。
何しろ他国での暴走なので「ふーん」と思っただけだったなあ。

有毒物質を積んだ無人の列車が、時速100キロ以上で暴走しはじめた!
 線路の先に待ち受けるのはその速度では決して曲がることができない“魔の急カーブ”と人口が密集する市街地。
愛する人々の命を守るために、ベテラン機関士と新人車掌が史上最大のピンチに挑む!


機関士と車掌がそれぞれ家庭に問題を抱えていたり、鉄道員たちが結構ルーズな行動を取ってたり。
アメリカらしさ満載でしたね。
日本であんな風だったら、メチャ怒られてるよ!
それでも、最初はお互い気に食わなかった相手と協力しあって、暴走列車を止めようとする展開は胸熱!!
本社側が無能で現場の足を引っ張ったり、ベテランが反骨精神を見せてそれを蹴っ飛ばしたり。
ああいう映画のポイントがしっかり抑えられていました。

最後までハラハラドキドキで、伏兵がラスト近くに出てきた時にはヤッター!と思った。
ストーリー的に溶接主任が活躍しないわけ無いもんね!
大団円で終わる気持ちのいい映画でした。
「ダイハード」系の映画だよね(悪人は出ませんけど)。

今まで見ないでほっといたけど、面白い映画でしたよ!

ところで、1人だけ死亡者が出たでしょ?
機関車を前に当てて、止めようとした最初の作戦の時。
ああしておいて、ヘリから人を降下させるなんて事するなら、何故、あの機関車に乗り移る人を乗せておかないのだ?と、観ながら、ちらりと思っていました。
上からロープで下ろすよりは、危険じゃないと思うけどなあ。
人はテンパってると頭が回らなくなるから、しょうがないかもしれませんが。
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

岬csc

Author:岬csc
岬CSC 長崎県在住 女性

最新記事

カウンター

右サイドメニュー