大吉!

おひとり様が、あちこち徘徊してます。

Entries

「どろろ」

(2007年2月22日)
手塚治虫先生の原作漫画を、妻夫木聡(百鬼丸)&柴咲コウ(どろろ)で映画化したものです。
ニュージーランド・ロケとかワイヤーアクションとかでダイナミックな映像を見せてくれました。

体の四十八箇所を父親の醍醐景光によって魔物に売り渡された百鬼丸は、体を取り戻す為に四十八体の魔物を退治する旅に出る。
どろろは百鬼丸の左手の刀を狙って、その旅に同行するのだが・・。

ネットで既に色々話を聞いていたのでどうかしらと思ったんですが、私は面白かったです。
日本のようで国籍不明な風景とか、楽しかったし。
何だかSF映画のようにも見えました。
醍醐の城は違法建築だと思う・・地震が来たらポッキリ折れるな~と思って見ていました(笑)。

噂に聞いていた”モロ着ぐるみ”のトカゲ?は、笑えましたけど(スパーヒーロータイムかと思った!)。
最初の蜘蛛女?はキモくて良かったです。
あの動き・・蜘蛛嫌いな私には鳥肌モノ!
グロいシーンも多かったですが、私はあまり気になりませんでした。

配役は結構良かったと思います。特に醍醐景光は中井貴一でピッタリだと思うし。
柴咲コウのどろろは・・まあ、いいか。
会った途端、「なんだ女か」と百鬼丸がネタバレ発言してたけど。

あれだけハッピーエンドになるとはね!
そのうちにどろろが嫁になったりとか・・有りそうだよね?
妻夫木のアクションが格好良かった。
関連記事

Menu

プロフィール

岬csc

Author:岬csc
岬CSC 長崎県在住 女性

最新記事

カウンター

右サイドメニュー