仮面ライダードライブ 4話「誇り高き追跡者はなにを思うのか」

2014.10.26 10:00|特撮番組
魔進チェイサーの出現に脅威を感じながらも、絵に変えられた女性を救おうと動き出す泊進ノ介。
が、画家の浅矢(ルー大柴)に絵を隠されてしまう。

りんなの調べで、人間をデータ化する為には大量の電力が必要であると言う事と、絵の隠し先が湾岸倉庫街である事も判明する。
絵の捜索に出かけた進ノ介と霧子だったが、途中でチェイサーとの戦闘になり、霧子が先に倉庫街に。
倉庫に足を踏み入れた霧子の前にペイント(ロイミュード101)が現れる。

危機一髪でドライブが駆けつけて、霧子は難を逃れる事が出来ました。
ちょっとだけ笑顔も戻ったかな?

前回、ドライブの体がずれてましたが・・ずれた部分が外れて自由に動き回って攻撃したり出来るとは・・キモイ。
新しくハンドル剣なども出ましたし、どんどん新しいアイテムが出ますね。
今回はスロットが777で合いましたし・・・う~ん、車とラスベガスとスロット合うような気もしないではない★
子供番組なのにギャンブル系はどうなの?(笑)

ロイミュード側も色々、思惑通りに行かないとかあるようです。
力に目覚める奴が勝手な奴ばかりで、幹部は手を焼いているらしい。
割と個人主義なんでしょうなあ。
まだ、正体が分かりませんね。

そして・・ミニカーが親友同士・・。
動物扱いっぽい。
関連記事

テーマ:仮面ライダードライブ
ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダードライブ 第4話「誇り高き追跡者はなにを思うのか」 #drive

第4話「誇り高き追跡者はなにを思うのか」

誇り高き追跡者はなにを思うのか

仮面ライダードライブ 第4話「誇り高き追跡者はなにを思うのか」 恐怖の追跡者(チェイサー)。あらすじ ドライブ:タイプスピード(モンスター、ベガス、キャブ) 登場ロイミュード:ペイントロイミュード、クラッシュロイミュード シフトカー達がカワイイですね♪ 小動物みたい。 ディメンションキャブを心配するドリームベガス。オトモダチ♪ ハンドル剣が初登場。作中で命名したの...

今日の仮面ライダードライブ 第4話

「誇り高き追跡者はなにを思うのか」 死神魔進チェイサーに襲いかかられて苦戦する進ノ介。 霧子の盾になるようにチェイサーの銃撃を受け、霧子を逃がそうとしている間にチェイサーに捕まってしまいます。 ベルトさんはチェイサーはプロトドライブを研究して作られたものではないかと判断します。 苦戦する新之助に対し霧子は反撃するように言いますが、いざモンスターを使って反撃しても逆に返...

仮面ライダードライブ 第4話

仮面ライダードライブ 第4話 「誇り高き追跡者はなにを思うのか」。警察官の自覚はあるらしい(苦笑) 続きは読みたい方だけどうぞ。

仮面ライダードライブ 第4話★新戦力《ハンドル剣》

仮面ライダードライブ 第4話 「誇り高き追跡者はなにを思うのか」 せっかくルー大柴を起用しながら、彼の個性や面白味が出し切れていなかった印象。 勿体ない。 −◆− 魔進チェイサーと戦うドライブ。 身を挺して絵を守り、一旦撤退。 やっぱ魔進チェイサーのあのフォルムデザインが好きやわぁ。 主役のドライブより好きかも。 −◆− 電力調査マニアって、どういうジャンルの人た...

仮面ライダードライブ 第4話「誇り高き追跡者はなにを思うのか」

第4話「誇り高き追跡者はなにを思うのか」 魔進チェイサーの攻撃に苦戦を強いられるドライブ。 チェイサー強いですねぇ。 逃げるが勝ちとトライドロンで一旦離脱。

仮面ライダードライブ 第4話「誇り高き追跡者はなにを思うのか」

仮面ライダードライブの第4話を見ました。 第4話 誇り高き追跡者はなにを思うのか 「泊さん、どうしてあの時防戦一方で逃げ出したんですか!?」 「だってさ…あの死神のダンナ、相当強かったぜ」 「だからって!」 「何より人間が入ってる絵がそばにあったんだ」 「え…!?」 「頼りなく見えるかもしれないけど、俺も一応警察官なんでね。何とかして絵だけでも浅矢から押収してや...
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

岬csc

Author:岬csc
岬CSC 長崎県在住 女性

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR