「エビアンワンダー コンプリート」おがきちか 

2015, 01. 27 (Tue) 00:45

エビアンワンダー
(2014年11月5日発行・一迅社・IDコミックス・ドラマCD付き)

分厚いです・・800ページ越えのコミックスなんて滅多に無いよね~。
前にも書きましたが、コミックス4冊分とオマケの漫画、カラーイラストなどが全部収録された完全版。
悪魔と契約して、悪人を地獄の糧にする「銀符」のフレデリカと弟のハウリィ。
何故かフレデリカに付き纏うハン派の武闘僧侶フェイ。
軽快な語り口なのに、結構キツイ話が多いのです。
それだけに悪人が悪魔に食われるのはザマァ!と思いますね。

ハウリィはフレデリカの実の弟ではありません。
それどころか・・・。
とにかくフレデリカの事しか考えていない、ワンコみたいな生き物です。
この姉弟の関係というのがこのストーリーのネックになるのですが・・。

ラストは衝撃でしたね!
すごくビックリして、すごく嬉しかった。
そうだったの!?と読み返すとちゃんと伏線が張ってある事に気が付きます。
おがきさんって凄いわ~!
この感動を是非、味わってみて欲しい。

ドラマCDは、やはり考えさせられる話でした。
声のイメージはどれも違和感無くて、ピッタリだったのではないでしょうか。
フレデリカはカッコイイ美人声だし、ハウリィは元気いっぱいだし、フェイもイケボだったね。
あ、七錘のセスの声もイメージ通りでした。
ドラマCDって実はあんまり要らないんだけど(保管に困るんだよなあ)聞く価値はあったかな?と思います。

値段がほぼ2000円でしたが、買って良かったかも。
ランドリの兄妹とのコラボイラストも嬉しかったです。
アマゾンでプレミアついてたけど、今はどうなのかしらねえ・・私は買えたからいいけど。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント