大吉!

おひとり様の日常。
TOP本の感想など ≫ 「オーバーロード」原作とコミカライズ

「オーバーロード」原作とコミカライズ

書店に寄ったらアニメ放送中の「オーバーロード」のコミック1~2巻が出ていました。
どうやら2冊同時発売だったらしい。
この夏、一番好きなアニメだったし、手に取ってどうしようか迷いましたが、そういえば原作本は小説だったなと思い出しました。
人気で品薄だとネットで聞いていたので、原作はどうだったかな?と探しても、見つけられません。
店員さんが居たので聞いたら「文庫じゃなくて新書なんですよ」と大きい方の小説本が並んでるコーナーに案内してくれました。
やはり人気があるらしく品薄だそうですが、ちゃんと8巻まで揃っていました。
しかし、全巻大人買いする勇気は無く(8000円になるもん!)1巻と、コミックの1巻を購入。

オーバーロード1
原作1巻・・イラストがカッコイイ!良く見えないけど!

思ったより厚くてデカイ原作本ですが、ストーリーの進ちょく具合は意外やコミックの1巻とそう違わないです。
原作はモモンさんの心理が丁寧に説明されていたからねー。
アニメやコミックは、ゲーム世界から何処とも知れない世界へ飛ばされてしまったモモンさんの戸惑いや葛藤なんかは割愛されていたようで、最初から自然に支配者としての振る舞いが身についていたように見えました。
内面ではあんなに緊張したり、疲労したりしていたのね(笑)。
まあ、何しろ中身は普通の人な訳ですから。
常に支配者としての言動を保たなくてはならないとか、大変でしょう。

で、読んだ感じ、どちらも面白かったです。
1冊1000円の原作本は買い揃えるの大変そうなので迷っていますが・・続きが気になる!
どうしよう・・文庫になるまで待てれば良かったんだけど・・いや、文庫になるかどうか分からないし~。
すぐには本はなくならないので、考えておきます。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL